台風で起こり得る被害!火災保険で補償される台風被害とは?

例年の如く日本列島に襲いかかる台風。耐久性に優れている日本家屋でも直撃すればその被害は生半可なものではありません。しかし火災保険で風災補償を付帯させていれば、受けた損害に対する補償を受けることが出来ます。きたる台風の季節に備えて火災保険で補償することが出来る被害について予習しておきましょう。

台風により家屋が受ける様々な被害

台風で受ける可能性のある被害

屋根被害

屋根の損害は老朽化によるものだと決めつけられがちですが、実際は風災による被害を受けている可能性が非常に高いです。台風の影響で屋根瓦がズレたり、板金の釘が浮いてしまったりと様々なケースが考えられますが、放っておくと雨漏りを引き起こしたり木材が腐敗してシロアリが発生する危険性があります。

台風による屋根被害

雨樋(雨どい)

雨樋は雨水の排水設備なので、大雨に耐え切れず割れてしまったり外れてしまうこともあります。排水が上手くいかなければ雨水が溢れてしまい、外壁などから染み込んで雨漏りの原因になってしまう可能性があります。

台風による雨樋被害

飛来物による損傷

吹き荒れる暴風により看板などの飛来物が家屋に激突し、窓ガラスが割れたり屋根が破損することがあります。この飛来物は風災として取り扱われるので、「突発的な事故」の補償を付帯させていなくても風災で補償を受けることが出来ます。

台風による飛来物で受けた被害

CHECK!雨漏りも風災が原因であれば補償される?

雨漏りは木材の腐敗など老朽化が原因となる場合が多く、保険適用外と判断されてしまいがちです。しかし、台風により屋根の一部が吹き飛んだり、窓ガラスが割れたことが原因となる雨水の被害は風災の補償範囲内となります。

台風は水災を引き起こすことも

台風は浸水などの水災を引き起こすことも

台風による被害は何も風災だけではありません。大雨による影響で道路が冠水し浸水被害を受けることも有り得ます。この場合は風災ではなく水災に含まれますので、ご自分がどの補償を付帯させているのか確認をしておきましょう。

CHECK!水災補償の基準

水災補償の支払い基準は以下の通りです。
・損害が保険対象の時価30%を越える場合
・床上浸水または地盤面から45cm超える浸水

台風上陸ランキング

日本にも台風の被害を受けやすい地域とそうでない地域があります。では、ここで日本国内における台風の上陸ランキングを見てみましょう。

台風上陸ランキング、1位は鹿児島県

意外なことに、毎年被害を受けている沖縄県がラインクインしていません。これは台風上陸の定義が「台風の中心部が北海道・本州・四国・九州の陸地に達した時」とされているためです。他にも台風上陸数が多い県をチェックしてみましたが、やはり海沿いの地域は被害が大きく今後も注意が必要になるでしょう。

被害を受けたらお早めに連絡を

これから暑い時期になると、台風やゲリラ豪雨の被害が益々増えていくかと思われます。災害が過ぎ去った後は軽く家屋の点検を行って、異常があればすぐに専門業者に依頼して本格的な調査を行うことをおすすめします。

屋根や外壁の被害は雨漏りなどの異常事態が発生してはじめて気づくケースが非常に多いです。火災保険は自然消耗による損傷は補償対象外とされており、例え本当に災害で受けた損害であっても時間が経過するほど判断が難しくなるため保険が下りる可能性が低くなってしまいます。

当サイトにご連絡頂ければ信頼できる無料の調査業者をご紹介致します。何かありましたらお気軽ご相談ください。