災害時にドローンが果たす役割とは?

災害時にドローンが果たす役割とは?

ドローンをテレビなどで観たことはあっても、それがどのように使われていて、役立っているのかわかりづらいと思う方もおられるのではないでしょうか。

ドローンはただ空撮を楽しむだけのものではありません。たとえば災害時、ドローンは行方不明者の捜索に使われますし、災害で被害を受けたあとも様々な場所で活用されます。今回は災害時にドローンがどのような役割を果たすのか具体的にご紹介していきます。

ドローンではいったい何ができるのか

まずはドローンについて簡単にご紹介します。ドローンとは一般的に無人飛行機でプロペラが複数ついているもののことをいいます。小型化、軽量化が進み、カメラを搭載して動画や静止画を撮影できる機種が一般的です。GPSが搭載されていて、自動飛行やスタート位置に戻れる機種も増えてきました。

ドローンを飛ばそうとすると、条件によっては国土交通省から許可を得なければなりません。許可申請が煩雑であったり、飛行技術の習得にも時間がかかるため、個人で所有している人はまだまだ少ないのが現状です。ドローンの操縦に慣れているのは一部の自治体の職員や企業内のドローン操縦士などに限られるのです。

個人で使用する際は空撮を楽しむというホビー用途が中心です。しかし企業や行政では様々な使われ方がされています。以下にどのような使い方がされているか、まとめてみたので確認しておきましょう。

  • ・観光PRを目的とした空撮
  • ・災害時における被害状況の確認
  • ・被災後の損害箇所の確認
  • ・荷物や救援物資の運搬
  • ・農薬の散布、発育状況の確認
  • ・鳥獣害対策
  • ・遭難者の捜索
  • ・インフラ工事における測量
  • ・警備
  • ・スポーツチームにおける戦術の確認
  • ・ドローンレースの開催

このようにドローンには様々な使い方があります。今回はこのなかでも災害時や被災後にドローンはどのように役立つのかご紹介したいと思います。

ドローンは災害時に力を発揮する

ドローンは水害や地震、山火事といった災害時にも大いに役立ちます。人間では近づけないところでもドローンが空撮することで状況を確認することができるからです。なかでも地方自治体では防災や救命救助のためにドローンの活用を推進しています。以下にいくつかの自治体の例を挙げてみたので確認しておきましょう。

・大阪府警:2017年1月にドローンで空撮した映像をリアルタイムで本部へ転送する訓練を行った<参考

・三重県南伊勢町:南海トラフ地震に備えて災害弱者用の防災マップを作成するためにドローンを活用している<参考

・兵庫県宝塚市:ドローンの操縦を得意としている住民と自治体が協力し、素早い人命救助につなげようという試みをスタートさせている<参考

防災や人命救助の際にドローンはなくてはならない存在になりつつあるのです。

 

被災後の現地調査でもドローンは活用される

ドローンは災害が起きたあとにも活用されます。たとえば台風や地震などで家が被害を受けた際、保険申請のための現地調査でドローンが活用されるのです。ドローンの画像は非常に鮮明。細かい点まで写し出され、建物にさほど接近せずに撮影を行うことができます。映像として残り、調査員とあとでいっしょに確認もできるので安心です。

雨漏りが生じている場合は赤外線カメラを搭載したドローンで、雨漏りの原因を特定することが可能。屋根、外壁、雨どいなどの被害状況もドローンで確認できます。なかでも雨どいは破損状況がわかりづらく、放置していると建物自体が傷んでくるので注意が必要です。

経年劣化によるものなのか、そろとも自然災害によるものなのか。この判断をするためにもドローンの果たす役割はとても大きいのです。保険申請し損害保険が適用されることになれば、工事まで一貫して同じ業者で行うことができます。しかも保険金の範囲内で工事は基本的に行うので、実質負担金は無料。もし自然災害で被害を受けたときは、早めに現地調査を行うよう心がけましょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事