賃貸住宅の雨漏り!修繕費用は誰が払う?保険で原状回復できる可能性も

賃貸住宅の雨漏り!修繕費用は誰が払う?保険で原状回復できる可能性も

賃貸住宅で発生する厄介なトラブルの一つとして雨漏りがあります。マイホームで発生した雨漏りであれば当然住んでいる人が修繕をしますが、賃貸住宅だと貸主と借り主がいるため費用面で話がこじれてしまうことが多く、余計な問題に発展する可能性があります。

そこで今回は賃貸住宅の雨漏りは誰が修繕費用を支払うべきなのかご説明いたします。雨漏りの原因によっては火災保険で費用をまかなうことが出来るケースもありますのでぜひ最後までお読みください。

雨漏りの修繕は大家さんの義務

雨漏りの修繕は大家さんの義務

賃貸住宅で雨漏りが始まれば、家賃を払って入居している借り主は当然「大家さんに何とかしてもらいたい」と思いますよね。まず前提として知っていただきたいのは賃貸住宅での雨漏りは大家さんに修繕する義務があるということです。

基本的に借りた部屋に破損・汚損が発生した場合、借り主は「原状回復義務」に基いて修繕する必要があります。しかし雨漏りの原因は自然災害や時間経過による自然な劣化など借り主に過失がない事故が多くを占めているため、借り主には何の責任もありません。

ここで重要になるのは貸主である大家さんには民法で「賃貸人は賃借物の使用及び収益に必要なる修繕をなす義務を負う」と定められていることです。簡単に説明すると賃貸契約は最低限生活できる部屋を用意することを前提に契約が結ばれているということ。つまり雨漏りが起きている状態は義務に反します。

このことから入居者に過失がない限りは大家さんが雨漏りの修繕費用を工面しなければいけません。

賃貸住宅の保険はどうなっているの?

貸主である大家さんにとっても雨漏りは不幸なトラブルですよね。そこで「加入している保険で何とかならないか」と思われる方も大勢いらっしゃいます。冒頭でも申し上げたように雨漏りは原因によっては火災保険で補償を受けることが可能です。賃貸住宅の保険は少し特殊なので、まずは基本から見ていきましょう。

賃貸住宅の火災保険はどうなっているの?

住まいの保険としては火災保険への加入が一般的です。火災保険は家財と建物と分けて加入することが可能ですが賃貸住宅の場合は大家さん(貸主)が建物の火災保険に、入居者(借主)が家財の火災保険に加入することになります。

加えて入居者は「個人賠償責任補償」と「賃借人賠償責任補償」をセットで付帯させることがほとんどです。こちらに関しては「請求漏れしていませんか?賃貸の火災保険」でご説明しているので詳しく知りたい方はご覧ください。

火災保険で補償される雨漏り

火災保険で補償される雨漏り

まず前提として、火災保険では基本的に下記の雨漏りは補償の対象外となっています。

  • 建物の老朽化(経年劣化)による雨漏り
  • 何らかの施工不良によってはじまった雨漏り
  • 屋根や外壁からの浸み込み被害
  • 扉や窓の閉め忘れによる吹き込み被害
  • 扉や窓、換気口・通気口など隙間からの雨水の吹き込み被害

では一体どんなケースだと補償の対象になるのかというと、自然災害が原因の雨漏りです。火災保険は火事だけでなく「台風や突風などの風災」「積雪・落雪などの雪災」「洪水・土砂災害などの水災」など様々な自然災害が補償対象となっています。

例を挙げますと下記のようなケースが対象になります。

  • 台風で屋根材が吹き飛ばされた箇所から雨水が浸み込んでいる。
  • 落雷で外壁が破損した箇所から雨が浸み込んでいる。
  • 積雪によって雨どいが変形し、溢れた雨水が外壁から染み込んでいる。
  • 竜巻などの突風による飛来物でベランダが破損し、雨水が漏れている。

特に被災した覚えがなくとも、度重なる自然災害で家が破損している可能性は大いにあります。自然な劣化であれば仕方がありませんが、保険の対象となる箇所を全額実費で修繕するのは勿体ないと思いませんか?少しでも心当たりがあるのなら建物の損害調査をおすすめします

火災保険を使った建物の修繕をお考えの方へ

災害による破損は火災保険で原状回復できる!

大家さんにとって建物の劣化防止は重要な課題です。建物の劣化が進めば雨漏りの他にも様々な住宅トラブルで住人から苦情が押し寄せるおそれがあり、入居者の維持も確保も厳しくなってしまいます。

もし火災保険を利用した修繕工事をお考えでしたら、おウチの専属秘書にお任せください。当サイトでは住宅の破損に火災保険が適用されるかどうかの調査、保険申請のフォロー、修繕工事の手配まで一括でお任せいただけます。工事は下りた保険金の金額内で行いますので、お客様の負担を最小限に抑えることが可能です。

マイホームだけではなく賃貸住宅の有料調査も承っておりますので、大家さんやオーナー様もお気軽にご連絡ください

入居者様のご依頼につきまして

火災保険が適用されるのは外観上の損害が雨漏りの原因であった場合に限りますので、大家さんが加入されている建物の火災保険を使用することになります。入居者の方で調査をご希望であれば、大家さんまたはオーナー様の許可をいただいた上でご相談いただきますようにお願いいたします。

最新コンテンツカテゴリの最新記事