記録的短時間大雨情報とは?水害に備える豆知識

記録的短時間大雨情報とは?水害に備える豆知識

大雨が振ると注意報や警戒が呼びかけられますが、ニュースなどで報じられる「記録的短時間大雨情報」という言葉の意味を知っていますか?誰もが一度は聞いたことがあるとは思いますが、この言葉の意味を正しく認識している人はとても少ないです。

災害時、テレビやラジオから流れる気象情報は身を守るために重要な情報です。ここでは水害の警報ともとれる記録的短時間大雨情報の持つ意味や、発表されたときの行動についてご説明するので覚えておきましょう。

記録的短時間大雨情報とは?

記録的短時間大雨情報とは?

災害時に気象庁は被害が出るであろうリスクを段階に分けて分類し、注意を呼びかけます。記録的短時間大雨情報はその際に用いられる気象用語の一つで、数年に一度しか発生しないように大雨が短時間で降った場合に発表されます。

具体的に説明すると、一時間の雨量が地域別に定められている基準を超えたときに災害の発生につながるような稀にしか観測しない雨量であることをお知らせする目的があります。

一時間雨量の分類分けと災害が起こり得る危険性

しかし「一時間雨量が○○ミリ」と言われても、どの程度の被害が想定されるのかはよく分かりませんよね。そこで以下の表をご覧ください。

一時間雨量(mm) 予報用語 災害発生状況
10~20未満 やや強い雨 長く続く時は注意が必要
20~30未満 強い雨 側溝や下水、小さな川があふれて小規模の崖崩れが始まる
30~50未満 激しい雨 山崩れ・崖崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要になる。都市では下水管から雨水があふれはじめる。
50~80未満 非常に激しい雨 都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある。マンホールから水が噴出する。土石流が起こりやすく多くの災害が発生する。
80以上~ 猛烈な雨 雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

引用:気象庁|予報用語 雨の強さと降り方

上記は気象庁で公開されている雨の強さとその降り方の基準です。ご覧のとおり、80ミリ以上の雨は大規模な災害が発生するおそれが非常に高い状態を指します。

記録的短時間大雨情報が発表される基準は、地域の歴代降水量などを元に80~120ミリの猛烈な雨とされていることがほとんどです。

発表されたときにとるべき行動は?

発表されたときにとるべき行動は?

記録的短時間大雨情報が発表されたということはお近くで土砂災害や洪水などの災害の危険性が高まっているということです。お住まいの地域の避難勧告や避難指示の情報をチェックし、もし指示が出ていなかったとしても身の危険を感じた時点で自主避難を行いましょう。

しかし、外の状況によっては避難行動自体が危険を伴う場合もあります。そのときは二階や屋上など、出来るだけ頑丈な建物の上階に避難しましょう

※避難に関してはこちら「いつどこへ避難すれば良い?避難指示と避難勧告の違い」で詳しくご説明しています。

土砂災害警戒情報も一緒にチェック

土砂災害は一瞬にして甚大な被害を引き起こす非常に恐ろしい災害です。そんな災害から一人でも多くの命を救うために発せられるのがこの土砂災害警戒情報です。

これは地域で土砂災害が発生する危険度が高まったとき、都道府県と気象庁が共同で特定の地域に警戒を呼びかけます。この情報が発表された地域にお住まいの方はためらわず速やかに自主避難の態勢をとってください

特に土砂災害危険箇所または土砂災害警戒区域にお住まいの方々は、より一層早めの避難が求められます。地域の土砂災害リスクは国土交通省の「ハザードマップポータルサイト」で調べることができます。

土砂災害の他に洪水・内水(都市型水害・ゲリラ豪雨被害など)・高潮・津波・火山・地震などのハザードマップも確認できるので、事前にご自宅の災害リスクを把握しておきましょう。

水害は今後も悪化する傾向

水害は今後も悪化する傾向

過去にも大規模な水害は起きていますが、ここ数年はどうにも頻発しているように思いませんか?それには二つの原因があると推察されています。

集中豪雨(ゲリラ豪雨)の増加

まずは集中豪雨、俗にいうゲリラ豪雨の増加です。これらは都市部の気温が郊外に比べて高くなるヒートアイランド現象が関係しているという説があります。

ヒートアイランド現象はアスファルトやコンクリートに覆われた都市部に熱がこもる現象で、暖かい空気が上昇気流となって積乱雲を急激に発生させ、豪雨の原因となります。

地球温暖化による台風増加

次に地球温暖化によって台風が発生しやすい環境になっていることが挙げられます。地球温暖化やエルニーニョ現象の影響で海面温度が高くなると勢力が強い台風が増える傾向にあります。台風は豪雨をもたらし、実際に幾度となく水害をも起こしていることを皆さんご存知かと思います。


これらの要因には様々な対策がとられていますが、目に見える変化があるとは言い難い状況です。今後も改善される見通しがはっきりとない以上、一人ひとりが水害に警戒する必要があります。

あらかじめ避難経路の確認や非常持ち出し袋の用意を万全にしておくだけで万が一の行動には差が出るでしょう。家のことに関しては火災保険の水災補償を見直したり、破損個所を事前に修繕しておくと心強いかと思います。自然災害から身を守るためにも、日頃から防災意識を高めておきましょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事