屋根を守る破風板(はふいた)の役割

屋根を守る破風板(はふいた)の役割

建物には難しい専門用語が使われていて、修理を依頼する時などに上手く説明できないということはありませんか。

今回はそのような箇所の一つの「破風板(はふいた)」をご紹介します。普段はあまり目立たない存在ですが、建物にとって大切な部分になるため、読み方とどの部分を指しているのかを覚えておくと、後々役立つでしょう。

破風板の重要な役割

破風板の重要な役割

上記の写真で赤く塗りつぶした部分を破風板と言います。

破風板とは「風を破る板」という文字通り、屋根の内部に吹き込む風を防止するという意味があります。他にも破風板は建物にとってなくてはならない重要な役割を持っているのです。

耐風性を高める。

屋根は上から吹き付ける風には比較的強いほうですが、下から吹き上げる風には強くありません。破風板があることで屋根の内部に、風が吹き込むのを防ぐことができます。

雨水が浸入するのを防止する。

風と同じように、雨も横や下から屋根に襲いかかります。破風板が横殴りに降る雨の浸入を防ぐ役割を果たしています。

防火性を高める。

炎は下から上へと燃え広がるため、もし破風板がないと、炎はすぐに軒(のき)に達し、防火剤を使用していない屋根裏まであっという間に延焼する可能性があります。

見栄えを良くする。

破風板がないと内部の木材がむき出し状態になり、非常に見栄えが悪くなります。破風板を使用するとそれらの木材を隠すことができ、外観を美しくすることができます。

破風板の材質

破風板に使用されている材質としては、木材系、金属系、窯業系の3種類に分けられます。

木材系

以前はほとんどの破風板が木材系で作られていましたが、耐火性に劣るとして、現在はあまり使用されていません。

木材ということで、屋根や外壁よりも早く劣化することがあるため、塗装などのメンテナンスを頻繁に行なう必要があります。

金属系

金属系の破風板では、ガルバリウム鋼板が最も使われています。耐久性が高く見栄えは良いのですが、耐火性はあまり高くありません。

金属でできているため、火災の際の高熱で曲がってしまい耐火機能を失ってしまうからです。

窯業系

金属系と同じく最近の住宅で多く使用されています。セメントやセラミックスなどでできているため、耐久性や耐火性に優れているだけでなく、見栄えも良くなります。

ただ他の材質よりも重量があるため、耐震性で劣るというデメリットがありますが、使用量がそれほど多くないので気にすることはないでしょう。

破風板は自然災害の被害を受けやすい!

破風板は自然災害の被害を受けやすい!

破風板は風や雨、紫外線の影響を受けやすい場所にあるため、屋根や外壁と同じように劣化が目立つ部分です。

また「風を破る」と言ってもあまりにも強い風が吹くと、剥がれたり、落下したりする被害が発生する可能性があります。

もし破損の原因が、台風による強風などのような自然災害であった場合は、火災保険の「風災補償」が適用され、下りた保険金で修理することができるかもしれません。

おウチの専属秘書へお任せください!

おウチの専属秘書へお任せください!

もし破風板が破損したという方は放置せずに、火おウチの専属秘書へお問い合わせください。

破損箇所に火災保険が適用されるかどうかを調査する業者を無料でご紹介しています。調査の結果、保険が適用される可能性がある場合は、個人で行なうには煩雑な保険申請もバッチリサポート。また工事もお任せいただけますので、業者選びなどの面倒な手間が大幅に省けます。

また工事も下りた保険金内で実施するため、お客様の金銭的なご負担は発生いたしません。

破風板が破損していると、そこから雨水が建物内部に浸入して雨漏りを引き起こすことがあります。大きな被害が発生する前に、ぜひおウチの専属秘書を活用して、お得に修理を行ないましょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事