外壁劣化の症状の一つ「凍害」とは?

外壁劣化の症状の一つ「凍害」とは?

ご自宅の外壁はポロポロと剥がれ落ちていませんか。もしそのような症状が出ている場合、それは外壁の劣化症状の一つ「凍害」が発生しているのかもしれません。今回は建物の見た目を悪くするだけでなく、放置すると建物に大きなダメージを与えてしまう凍害についてご説明します。

凍害は劣化のサイン!

凍害は劣化のサイン!

凍害は外壁材の一つ「窯業系サイディング」で発生しやすい剥離症状になります。窯業系サイディングは耐火性・耐久性に優れていますが、塗膜の効果がなくなると原料のセメント材が水を吸収してしまうというデメリットがあります。

このように劣化したサイディング材に雨水が浸み込み、気温の低さから凍って膨張を繰り返すことで表面が浮き上がり剥がれを引き起こします。この症状を凍害と呼ぶのです。

気温や水分、湿気が大きく関係する凍害は、寒冷地や日本海側の湿度が高い地域によく見られる症状ですが、寒さが厳しい冬では関東でも発生することがあるためご注意ください。

凍害が発生しやすい場所

上記で説明したように凍害は水分がある場所で起こりやすくなるため、水分がどこから来ているのかを知ることが原因究明に繋がります。

お風呂場・キッチン・洗面所

水回りはどうしても湿気が多くなるため、壁内部の結露が発生しやすくなります。その結露がサイディングの裏側から吸収されると剥離が起こってしまうのです。

リビング

冬場に暖房を使用することでサッシ回りに結露が発生し、剥離が起こりやすくなります。また他の箇所よりもサッシ回りのサイディングが細く裁断されていることも原因の一つです。

建物の角

サイディングのコーナー部分は製品不良も多く、形状のせいか接合不良が多い箇所でもあります。また建物の角は風雨が強く当たるため、雨水が浸み込みやすくなる部分です。

目地回り

サイディングとサイディングの境目にある継ぎ目を「目地」と言いますが、その部分に埋め込まれているシーリング剤が経年劣化でヒビ割れたり痩せたりしていると隙間ができてしまいます。そこから水分が浸入し剥離に繋がるのです。

お風呂場やリビングなどの建物内部の湿度が原因であった場合は、サイディングの裏側にカビが発生しているケースもあるため、ダニなどの二次被害にも注意しなければなりません。

定期的な塗り替えが効果的!

定期的な塗り替えが効果的!

凍害の発生源は塗膜の劣化ですので、塗膜の効果が切れる前に塗り替えすることが最も効果的な対策になります。定期的な塗装は美しい外観を保つことはもとより、耐水性や耐久性を高める重要な意味を持つのです。

既に凍害が発生している場合は、サイディングの張り替えや下地の補修が必要になります。放置すると雨漏りが始まったり建物内部の腐食が拡大したりするので早急に修理を行ないましょう。

また注意点として凍害が発生したまま塗装すると、高い確率で再剥離が起きると言われています。ヒビがある場合は必ずヒビを補修してから塗装する必要があります。DIY(日曜大工)で直そうとお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、凍害のダメージは表面だけとは限りませんので、專門の業者に修理を依頼することをおすすめします。

最新コンテンツカテゴリの最新記事