群馬県の方!大雪被害の請求漏れはありませんか?

群馬県の方!大雪被害の請求漏れはありませんか?

群馬県は地震や水害などの自然災害が比較的少なく安全な土地だと言われています。群馬県民に「群馬県の魅力や強み」を聞いたアンケートでは、第3位に「自然災害の少なさ」がランクインしているほどです。

とは言っても災害が全く起きないわけではありません。意外なことに群馬県の北部は豪雪地帯に指定されるくらい雪が多い地域でもあるのです。実際2014年と2016年には大雪被害によって多くの家屋が被害に遭っています。

ですが、そのような大雪で建物が被害に遭っても火災保険の「雪災補償」を付帯させていれば大丈夫です。今回は「安心・安全」を掲げている群馬県を襲った大雪とその被害を補償する火災保険についてご説明します。

2014年・2016年 群馬県の大雪被害

2014年・2016年群馬県の大雪被害

近年では3年間で2度も大雪被害に遭っている群馬県。当時の気象状況をまとめましたので参考にしてください。

2014年の大雪被害

2月14日~15日にかけて発達した低気圧の影響で、大雪に見舞われた前橋市では月最深積雪が73cmという統計開始以来の記録を更新。またこの時は積雪のみならず強風も吹き荒れ、草津市で最大瞬間風速22.2m/s、桐生市では最大瞬間風速21.6m/sを観測し、大雪と強風のダブルパンチに襲われ被害が拡大してしまいました。

2016年の大雪被害

1月18日~19日「大雪警報」が出された群馬県では、またしても記録的な積雪を観測し、農業用ハウスが倒壊したりアーケードの屋根が落下したりするなどの被害が各地で発生しました。この時の積雪量は草津市で45cm、前橋市で20cmが観測され生活に大きな影響がでています。

積雪被害は火災保険の「雪災補償」!

サラサラと粉のように降る雪は美しいものですが、降り積もった雪は時として凶器になり建物にも大きな被害を与えることがあります。その際に役立つのが火災保険です。

多くの方が火災保険は火災による被害だけを補償する保険だと勘違いされています。しかし火災保険は台風・強風・積雪・雷・洪水など多くの自然災害の被害を補償する保険です。積雪による被害も「雪災補償」を付帯させていると適用される可能性があります。

とくに関東地方にお住まいの方は普段は積雪に馴染みがないために、火災保険に雪災補償があることをご存知ない方も多く、請求漏れが多発しています。せっかく保険で修理できる被害なのに、補償内容を知らないがために自費で修理するとは非常にもったいない話です。一度証券などでしっかり補償内容を確認して、火災保険をもっと有効活用しましょう。

積雪後は必ず建物のチェックを!

以下に雪災補償が適用される可能性がある被害をいくつか紹介していますので、積雪後は必ず被害が出ていないかの確認を行ないましょう。

雨樋の被害

雨樋の被害

小さな金具で固定されている雨樋は積雪の重みや、屋根からの落雪時の衝撃に非常に弱い箇所になります。そのため雨樋が歪んだり外れたり、割れたりする被害に遭いがちです。

異常を放置していると、雨樋から雨水が溢れ出して屋根や外壁へ直接伝わってしまいます。影響は少なそうですが、それらの雨水が建物内部に浸入して雨漏りや建物内部が腐食される原因にもなるのです。

瓦の被害

瓦の被害

瓦も自然災害に遭いやすい箇所です。屋根に大量の雪が積もると、瓦が重みに耐え切れずに割れたりズレたりする被害が発生します。

結果、防水シートが剥き出し状態になり紫外線や雨水などに直接晒されることで防水機能が失われてしまいます。こうなると簡単に雨水の浸入を許すことになり雨漏りが始まるのも時間の問題です。

カーポートの被害

カーポートの被害

屋根に積もった雪が落下すると凄まじい衝撃が走ります。カーポートの屋根が破損するくらいの被害は軽いもので、ひどい場合は鉄骨でできたカーポートが倒壊することもあるのです。

「屋根の亀裂ぐらいなら大きな支障がない」とそのままにしていると、次に大雪が降った時に壊れて、自動車の破損だけでなくご家族や通行人に怪我を負わせる二次被害に繋がりますので必ず修理をしましょう。

外壁の被害

外壁の被害

何日も解けずに締め固まった雪はまさに氷の塊です。その塊が外壁に直撃すると穴が開いたりへこんだりする被害がでることがあります。

外壁の損傷は美観を損ねるだけでなく、損傷部分から雨水が浸入して内部の木材を腐らせ建物の耐久性を著しく低下させます。

被害がある場合は当サイトへ!

被害がある場合は当サイトへ!

保険金請求の時効は3年ですので、2014年の積雪被害もまだ請求可能です。今からでも遅くありませんので、今一度建物のチェックをしてみましょう。万が一建物の異常を見つけられた際は当サイトご連絡ください。被害箇所に火災保険が適用されるかどうかを調査する優良業者を無料でご紹介しています。

もし適用の可能性がある場合は、保険の申請から工事までお任せいただけます。また工事も下りた保険金内で行なうため、お客様に金銭的なご負担は一切かかりませんので安心してご依頼くださいませ。

最新コンテンツカテゴリの最新記事