屋根に草が生えた!放置は雨漏りの危険性も!

屋根に草が生えた!放置は雨漏りの危険性も!

時々屋根から雑草が生えた建物を見かけることがあります。本来であれば屋根に雑草が生えることなど滅多にないのですが、実は条件が揃ってしまうと屋根も十分な土壌となり得るのです。

屋根に生えた雑草は、そのまま成長すると雨漏りの原因となってしまいます。今回はなぜ屋根に雑草が生えるのか、原因と危険性をご説明します。

水分が決め手!

水分が決め手!

屋根に草が生える条件として土と種と水分が必要になります。昔建てられた建物には瓦を固定するために土が使用されていますし、土でなくても堆積した砂埃も土壌になれます。また種は風で飛ばされてきた種子や鳥の糞に混じっていた種が土に付着したのでしょう。これで条件が二つ揃いましたが、これだけでは植物は育ちません。

問題は水分です。通常健全な瓦の裏側は乾いていて、多少雨が降っても草が根付くという事態にはならないはずです。しかし根を張るということは、何らかの理由で瓦の裏側に雨水が侵入して、常時湿っている箇所があるということになります。

瓦の異常が原因?

瓦の異常が原因?

屋根の裏側に湿気があるということは、瓦がズレたり破損したりして内部の防水シートなどが傷み雨水が侵入している可能性があります。その水分を吸い上げて雑草が成長しているのかもしれません。

「今は雨漏りしていないから大丈夫」と雑草を放置していると、一度張った根は深く広範囲に渡って害を及ぼします。こうなると被害は瓦だけに留まらず、やがて雨漏りが始まってしまいます。そして除々に建物に入り込んだ雨水によって、柱や梁などが腐食されて建物全体に大きな被害を与えることにもなるのです。「草ぐらい」と甘く見ていると後悔することになるでしょう。

処理は業者に任せよう!

処理は業者に任せよう!

もし屋根に雑草が生えているのを見つけても、ご自分で屋根に上っての作業は大変危険ですし、屋根材を傷める可能性もあるため止めたほうが良いでしょう。

大切な建物のメンテナンスは業者に依頼するのが最も安心です。業者は雑草を取り除くだけでなく、瓦の裏側まで点検して被害状況を確認しお客様に適切な処置が提案できます。

被害が大きい場合は瓦の葺き直しや棟の積み直しなどのメンテナンスが必要になることもありますが、建物を丈夫で長持ちさせるには被害を放置しないことが重要ですので、早急に修理を行ないましょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事