紫外線は建物の経年劣化の原因!

紫外線は建物の経年劣化の原因!

紫外線は4~5月から急激に強くなりはじめ6~8月にピークを迎えます。紫外線を浴びすぎると人体に良くないことはご存知だと思いますが、人間だけでなく建物にも悪影響を及ぼします。人は日傘をさしたり、帽子をかぶったりして紫外線を避けることはできますが、建物はそういうわけにはいきません。

これから紫外線が強くなる季節。紫外線が建物に与える影響と対策を考えてみました。

紫外線がもたらす悪影響

紫外線は経年劣化の原因!

建物はどんなにメンテナンスをしていても、ある程度の経年劣化は避けられません。特に屋根や外壁などに起きる色あせは経年劣化現象の最たるものですが、この色あせを引き起こす主な原因が紫外線だと言われています。紫外線には色の分子を分解する作用があり、長時間紫外線に晒された部分に色あせなどの悪影響が出るのです。

紫外線は他にも様々な影響を建物にもたらします。

  • 屋根や外壁の色あせ(退色)
  • 屋根が割れることがある。
  • 塗装が剥がれる。
  • シーリング剤がヒビ割れる。
  • 耐久性が落ちる。
  • 塩化ビニル製の雨樋は紫外線に弱く経年劣化で割れることがある。

紫外線によって急激に劣化することはありませんが、劣化は徐々に確実に進行しています。

建物の紫外線対策

建物の紫外線対策

前述のとおり、建物にとって紫外線は大敵です。例えば紫外線により塗膜の保護機能が落ちると、屋根材が直接紫外線に晒されるため劣化のスピードが早まることもあります。

紫外線対策のために紫外線劣化防止剤を配合した塗料やUVカット機能を持った外壁材がありますが、最も効果を発揮する方法は定期的な屋根や外壁の塗り替えです。塗装は建物の外観を美しく保つだけでなく、紫外線などから建物を守るというメリットもあるのです。

劣化の放置は危険!

劣化の放置は危険!

ある程度の経年劣化は仕方ないと放置していると、どんどん状態は悪くなる一方で良いことは何もありません。最初は小さな劣化だったものが、雨漏りを引き起こしたり、建物内部までに悪影響を及ぼすことも。結局、大金をはたいて大掛かりな修理をしなければならなくなります。

建物が受けた被害は火災保険で補償を受けることが可能ですが、原因が紫外線であった場合は経年劣化とみなされ補償の対象外となります。しかし毎日過酷な自然環境に晒されている建物の被害が経年劣化だけとは限りません。強風や何かしらの自然災害の被害を受けている可能性は十分に考えられます。

調査から工事までお任せください!

朝から工事までお任せください!

建物に異常を見つけてもそれが経年劣化か自然災害によるものなのかの判断は素人には難しいものです。その際は当サイトへご連絡いただけましたら、建物の被害に火災保険が適用されるかを調査する優良業者を無料でご紹介いたします。

また保険が適用される可能性がある場合は、保険の申請から工事まで一貫して行なっていますので、煩雑な手間がかかりません。工事も下りた保険金内で実施いたしますので、お客様の金銭的なご負担は0円です。安心してお任せください。

最新コンテンツカテゴリの最新記事