ブロック塀の劣化は倒壊の危険性もあり!

ブロック塀の劣化は倒壊の危険性もあり!

道路や隣家との境界を明確にするためによく使われているブロック塀。建物の美観やメンテナンスには気を配っていても、ブロック塀まで意識する方はあまりいらっしゃらないかもしれません。しかしブロック塀の特性を知らないでメンテナンスを怠っていると大きな事故に繋がることもあります。

劣化の放置は危険!

劣化の放置は危険!

コンクリートでできたブロックは他の建築材と比べても耐久性に優れた製品です。しかしブロック自体に耐久性があっても塀として積み上げられたものは、外部からの衝撃に弱く、亀裂が入ったり割れたりすることもあります。

また日々風雨に晒されている過酷な環境下にあるため、劣化の進行も心配の種です。ブロック塀の寿命はきちんとメンテナンスしていても約30年程度とされていて、何の手入れもしていなかった場合は10~15年で倒壊する恐れもあります。

最悪、通行人が下敷きになり怪我をさせた場合は、塀の所有者が損害賠償の責任を負わなければなりません。ブロック塀も建物と同じように劣化するため、劣化のサインを見逃さないことが大切です。

劣化の兆候

劣化の兆候

ブロック塀を施工する際は、外部からの揺れや衝撃に耐えられるように中に鉄筋を通しモルタルで固めます。しかし年数が経ち劣化するとブロック自体やモルタルが中性化(※)し、やがて鉄筋が錆びて徐々に細くなってしまうのです。そうすると強度を保つために入っていた鉄筋が機能を果たせなくなり、少しの衝撃で倒壊することがあります。

※中性化…空気中の二酸化炭素や雨水などがコンクリート内部に侵入した結果、徐々にアルカリ性から中性に変化する現象。

以下のような症状が出たら耐久性が劣っている証拠ですので、見つけたら放置せずに作り直すなどの適切な処置を行ないましょう。

  • ブロックの表面が剥がれている。
  • 錆汁でブロックが汚れている。
  • ブロックにヒビが入っている。

特にブロックの表面に鉄筋の錆汁が染み出している場合は、倒壊の危険性が非常に高くなっている状態ですので気をつけましょう。お子様がいらっしゃるご家庭では子どもが登って遊ばないようにご注意ください。

メンテナンス方法

メンテナンス方法

建物を丈夫で長持ちさせるコツは内部に水を侵入させないことですが、ブロック塀も同じです。対策としてはホームセンターなどでコンクリート専用の防水塗料が販売されていますので、それを定期的に塗布することでリスクは格段に軽減できます。

他にも自動車の排気ガスやカビなどの汚れも劣化を早める原因になりますが、通常の汚れは高圧洗浄機で洗い流すことで防げます。おすすめは洗浄した後に十分乾かして防水塗料で塗装する方法です。建物をメンテナンスされる際にブロック塀も一緒に行なうと良いですね。

原因によっては火災保険が適用される可能性も!

原因によっては火災保険が適用される可能性も!

自動車や自然災害などから建物を守っているブロック塀は、それ故に様々な被害を受けやすい箇所になります。そんな時に役立つのが、強風や積雪などの災害や事故で、建物や家財が受けた被害を補償する火災保険です。

「塀は建物ではないけど…」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、塀はほとんどの保険会社の火災保険で建物付属物として取り扱われていて補償の対象になっていますのでご安心ください。

例えば台風で看板が飛んできてブロック塀が壊されたというケースでは「風災補償」、自動車の当て逃げでブロック塀が倒壊したというケースでは「建物外部からの物体の落下・飛来・衝突など」を付帯させていると保険金が支払われることがあります。塀に被害を受けても建物ではないから補償されないと諦めずに、きちんと請求をしましょう。

※保険会社や契約内容によっては補償対象外になっていることもあるため、確認しておきましょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事