雨樋の素材にはどんなものがあるの?

雨樋の素材にはどんなものがあるの?

雨樋は屋根に降った雨水をスムーズに集め排出するという重要な役割があります。他にも外観のアクセントとして、あるいは外壁に溶け込ませたりと外観のイメージを大きく左右する部分でもあります。普段は雨樋の存在に無頓着になりがちですが、実は建物に大きな影響力を持つ雨樋にどのような素材があるかをご紹介いたします。

雨樋の素材いろいろ

雨樋の素材いろいろ

街を歩くとほとんどの建物に塩化ビニル製の雨樋が使用されていることが分かります。国内の建物に設置されている雨樋は、圧倒的に塩化ビニル製の雨樋が多いですが、他にも様々な素材が雨樋には使用されています。

下記に雨樋に主に使用されている素材をいくつか挙げています。雨樋の取り替えの際などにお役立てください。

塩化ビニル製

現在多くの建物に使用されていて、雨樋と聞いて多くの方がイメージされるものが塩化ビニル製だと思います。価格が安いだけでなく、使い勝手が良いことも塩化ビニル製の雨樋が重宝される理由です。

メリット

  • 価格が安い。
  • 製品の種類が豊富なので外壁に合わせやすい。
  • 軽い。
  • 組み立てが簡単。
  • 錆びない。

デメリット

  • 風雨や紫外線で劣化しやすい。
  • 耐久性が低い。
  • 経年によりヒビ割れが発生しやすくなる。
  • 10年前後で取り替えなどのメンテナンスが必要になる。

ガルバリウム鋼板

最近はガルバリウム鋼板を使った屋根や外壁が広く普及しています。それらに揃えて雨樋をガルバリウム鋼板にする方も多いようです。

メリット

  • 錆びにくく耐久性に優れている。
  • 加工がしやすい。
  • 意匠性に優れている。
  • メンテナンスが容易。

デメリット

  • 他の金属製と比較すると安価だが、塩化ビニル製と較べて高価。
  • 重量がある。

ステンレス製

ステンレス製の雨樋の大きなメリットは錆びにくいことです。その特徴によりメンテナンスが困難なビルなどで多く使用されています。

メリット

  • 錆びにくく耐久性が高い。
  • 耐火性・低温特性に優れている。
  • メンテナンスがほとんど不要。
  • 高級感がある。
  • 都会的でモダンな雰囲気がある。
  • リサイクルが可能。

デメリット

  • 高価。

銅製

銅は経年変化の美しさと耐久性が好まれ、昔から神社や寺院、純和風住宅に使用されてきました。しかし安価な素材でできた雨樋の登場や、酸性雨により雨樋が腐食して穴があいてしまうなどの理由で、現在はあまり見かけなくなっています。

メリット

  • 耐久性が高い。
  • 破損しにくい。
  • 格調高い雰囲気がある。
  • 経年変化による美しい緑青を楽しめる。

デメリット

  • 高額。
  • 重量がある。
  • 雨や熱、太陽光に弱い。
  • 酸性雨の影響で変色し美観が悪くなる。
  • 酸性雨で穴が開くことがある。

バランスを考えて選びましょう!

バランスを考えて選びましょう!

いろいろな素材でできた雨樋をご紹介しましたが、いかがでしょうか。それぞれにメリットやデメリットはありますが、外壁や屋根とのバランスが取れているか、ご予算や今後のメンテナンス費用など様々な視点から選ぶことが大切です。

雨樋の劣化や破損を放置していると、外壁などを汚すだけでなく、雨樋から溢れだした雨水が建物全体に悪影響を及ぼす可能性があります。ご自宅の屋根や外壁をメンテナンスされる際は、雨樋も一緒に異常がないかをチェックしてみましょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事