海沿いに建つ建物の注意点

海沿いに建つ建物の注意点

海の近くの物件は、眺めの良さ、歩いて海に行けるなど、海が好きな方にとっては憧れの立地でしょう。しかし良いことばかりではありません。潮風がもたらす「塩害」は建物や自動車など多くのものに悪影響を与えます。今回は海辺の建物のリスクと対策をご紹介いたします。

あらゆるものを劣化させる塩害とは

あらゆるものを劣化させる塩害とは

潮風がもたらす弊害の一つが「塩害」です。文字通り海水に含まれる塩分で多くのものがサビや腐食の被害を受けてしまいます。建物だけでなく、自動車・室外機・自転車などの主に屋外に置かれている金属製品の被害が大きくなります。

一般的に海岸線から200m~500m以内が「重塩害地域」、海岸から2km以内が「塩害地域」と呼ばれており、塩害が起きやすい場所とされています。しかし風向や風力などによって8km以上離れた場所でも塩害が発生する場合があるため、正式な規定はないようです。

塩害に強い外壁と屋根を選ぼう!

塩害に強い外壁と屋根を選ぼう!

塩害に弱い金属系と窯業系のサイディングは、腐食によって穴が開くなどの被害が発生する可能性が高いためおすすめしません。逆に樹脂系のサイディングは耐久性に優れた素材を使用しているため塩害に強いと言えます。また塩害に強い塗料もありますのでご利用ください。

屋根材も外壁材と同様に金属素材は海岸線沿いの建物には不向きです。サビに強いと言われているガルバリウム鋼板のメーカーでさえ「塩害地域」にある建物には保証書を発行しなかったり、保証期間を短縮する場合があります。反対にアルミ製やステンレス製の屋根材は、塩害を受けやすい環境でも十分に対応できるためおすすめです。

こまめに水洗いしよう!

こまめに水洗いしよう!

塩害から建物を守る最善の方法は、こまめな洗浄を行ない外壁に塩分を残さないことです。外壁に塩分が残っていると、塗装だけでなく内部まで侵入して、金属部分にサビが発生し雨漏りの原因になることもあります。高圧洗浄機やブラシなどで優しく水洗いをしてあげましょう。

個人で洗浄が難しい場合は、外壁洗浄を行なっているプロのメンテナンス業者に依頼しても良いでしょう。メンテナンス次第で建物の寿命も全く違ってきますので、メンテナンスは怠らないことが大切です。

強風にも注意!

強風にも注意!

海沿いはどうしても強風の日が多くなり、屋根や外壁のダメージも大きいものです。日常的に風の影響を受けやすい場所になりますが、残念ながらそのような状況で建物に被害が出ても、火災保険では補償の対象にはなりません。火災保険は急激で突発的な自然災害の被害を補償する保険のため、日常的な強風は対象外になるのです。

そのため保険を申請する際は、例えば「何月何日の台風○号による被害」など具体的な被災日と被災状況が必要になってきます。大きな自然災害後は建物に被害が出ていないかを確認することも、保険が適用される大きなポイントです。

建物に被害を受けたら!

塩害による被害や日常的な強風による被害は補償されませんが、沿岸地域は内陸部より強風のリスクが高いです。台風や突風などの被害で建物に被害が出た場合は、火災保険が適用されるケースも大いにあります。

もしものときは当サイトへご連絡ください。被害箇所に火災保険が適用されるかを無料で調査する優良業者をご紹介しています。また個人では特定が難しい被災日などもしっかり調査して保険の申請もサポート!工事は下りた保険金内で行ないますので、お客様には一切ご負担はありません。ぜひ一度お問い合わせくださいませ。

最新コンテンツカテゴリの最新記事