瓦屋さんがお薦めしないラバーロック工法とは

瓦屋さんがお薦めしないラバーロック工法とは

瓦屋根の修理方法にはいくつかありますが、最近悪い意味でよく聞くようになったのがラバーロック工法です。短時間で簡単に作業ができて原価も安いラバーロック工法は、悪質な訪問販売業者の道具にされやすいため、素人同然の施工による雨漏りなどの被害が相次いでいます。今回はなぜ瓦屋さんがラバーロック工法を薦めないのかを、問題点を挙げてご説明いたします。

ラバーロック工法とは

ラバーロック工法とは

瓦と瓦をコーキング剤(接着剤)で固定する方法がラバーロック工法です。瓦同士をくっつけることで、強風時に瓦が飛ばされたり、地震の時に瓦がズレたりするのを防ぐ効果があると言われています。

瓦屋さんによっては、適切な施工をすれば安価で修理ができるとラバーロック工法を薦めているところもありますが、多くの瓦屋さんが別の修理方法を薦めています。

瓦屋さんがオススメしない理由

地震が発生した際に瓦がズレるのを防止する効果があると書きましたが、大きな地震が来た時は別です。一枚一枚の瓦が連結されているために、瓦が落ちず屋根の重さが全て建物にかかってしまい、非常に危険であると指摘する瓦屋さんもいます。他にも多くの理由がありますので参考にしてください。

  • 雨水の逃げ道がなくなり、雨漏りのリスクが高くなる。
  • 将来的にコーキング部分の見栄えが悪くなる。
  • 瓦と瓦の隙間を塞ぐことで換気ができなくなり、屋根下地が腐食する。
  • 瓦が接着されているため、部分的な修理ができなくなる。
  • 瓦の再利用ができない。
  • 結露が起こりやすくなる。
  • 雨漏りの原因解明が困難になる。

瓦同士をコーキング剤で接着するため、ちょっとした隙間から入り込んだ雨水が逃げ場を失い、建物内部へ浸水し雨漏りの原因となります。また劣化したコーキング部分から雨水が入るケースもあります。

最初は白く綺麗にコーキングされた箇所も、わずか数年でホコリや砂などの汚れが付着し、どす黒くなって建物の外観をみすぼらしいものにさせます。そもそもプライドを持った瓦職人さんは、瓦の表面にコーキング剤が見えるような施工は良しとしないものです。

ラバーロック工法をする前に

ラバーロック工法をする前に

訪問販売業者がラバーロック工法を薦めてきても、すぐに修理を依頼してはいけません。高額な修理代を請求されるだけでなく、雨漏りまで発生するかもしれないのです。

保険会社によっては、ラバーロック工法された箇所は修繕が完了したと認定され、施工後にズレや割れなどの不具合が生じても保険が適用されない可能性があります。

訪問販売業者に不安や不信感を持たれた方は、当サイトまでご連絡ください。本当に屋根が破損しているのか、破損があればその箇所に火災保険が適用されるかを無料で調査いたします。

また保険申請から工事まで一貫して行なっていますので、安心してお任せいただけます。下りた保険金を充てて工事をするため、お客様の自己負担0円で修理が可能です。大切な建物を守るために私たちが徹底的にサポートいたします!

最新コンテンツカテゴリの最新記事