隣家へ落雪して建物に被害が!保険は下りる?

隣家へ落雪して建物に被害が!保険は下りる?

近年は豪雪地帯だけではなく、関東や九州にも思わぬ大雪が降り、各所で様々な事故が発生しています。その中でも多いトラブルが落雪事故です。自宅の雪で被害を受けたのであればまだ問題は大きくなりませんが、隣家に被害を与えてしまってご近所トラブルに発展するケースは少なくありません。一体このような場合はどう解決すれば良いのでしょうか。

誰の火災保険を使うの?

誰の火災保険を使うの?

火災保険は火災だけでなく、積雪や強風・突風・洪水など多くの自然災害による損害を補償する保険です。しかし「自分の家は自分で守る」という考えに基づいた保険ですので、第三者の建物の損害は補償されません。つまり自宅の屋根から落雪して隣家の外壁などに損害を与えても、隣家が受けた被害は、隣家が加入している火災保険からしか下りないということです。

逆に、隣家からご自宅が被害を受けても、ご自分が加入している火災保険を使わなければならないということになります。自然災害が原因である場合は損害の発生源(加害者)に賠償請求をすることが非常に難しいため、自分の家は自分でしっかり保険に入っておきましょう。

隣家が保険に加入していなかった場合

もし隣家が火災保険に加入していなかった場合は、火災保険の特約「個人賠償責任補償」を付帯させていると、隣家の損害を補償できる可能性があります。しかしこの特約は契約者が法律上の損害賠償責任を負った場合に限り、保険金が支払われます。もし隣家へ被害を及ぼしても、損害賠償責任を負わなかった場合は補償されませんのでご注意下さい。

ここで言う損害賠償責任とは、豪雪地帯に住んでいて落雪の危険性を十分に予知できたのに雪おろしをしなかった、雪止めを設置していなかったなどの対策を怠っていた場合に適用されます。年に数回しか積雪がないなど、積雪に不慣れな地域の方は適用の可能性は低いでしょう。

火災保険の加入の有無を隣家へ確認!

火災保険の加入の有無を隣家へ確認!

もし落雪で隣家へ被害を与えた場合は、隣家の方へ火災保険の加入の有無を尋ねてみることをおすすめします。一般的な火災保険では「風災・ひょう災・雪災」補償は基本補償に含まれており、落雪被害の損害は「雪災補償」が適用される可能性があります。

被害者の保険を使って修繕することを心苦しく思われたり、保険料のアップを心配されたりする方も多いと思いますが、火災保険は何度使っても保険料が一切変わりません。そのことを先方に伝え修繕してもらい、ご自宅には雪止めなどを設置するなど落雪対策を万全にして、きちんと誠意を見せることが大切です。

積雪で建物に被害を受けたら

積雪で建物に被害を受けたら

もし積雪や強風・突風などの自然災害で建物に被害が出た際は、是非当サイトへご連絡下さい。建物の被害が自然災害によるものなのか、火災保険が適用されるのかを徹底的に調査する優良業者を無料でご紹介しております。

またその業者が保険の申請から修繕工事まで一貫して行なっているため、作業がブレることなくスムーズに進められます。修繕工事は下りた保険金内でさせていただきますので、お客様の自己負担はゼロ円です。是非、当サービスをご利用下さい。

最新コンテンツカテゴリの最新記事