高所の作業に不可欠!足場の疑問を解決!

高所の作業に不可欠!足場の疑問を解決!

建築現場やリフォーム工事などで足場が組まれた光景をご覧になられたこともあるかと思います。しかし、いざ工事で自宅に足場を設置するとなったら費用はどれくらいかかるのか、そもそも足場は必要なのかなど分からないことばかりなのではないでしょうか。そこで今回はよく見かけるけどよく分からない足場についてご説明します。

足場は必要?足場の重要性とは?

足場は必要?足場の重要性とは?

足場とは建築物を建てる際だけでなく、屋根や外壁の塗装・防水などのメンテナンスを行なう時に設置する仮設の作業床、構築物のことです。高所作業時には、作業者の安全を確保するために設置が必須になります。

工事費の節約のために脚立やハシゴで代用できないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、不安定な場所での作業はしづらく作業者が本来持っている実力を十分に発揮できない可能性が高くなります。つまり作業が雑になることで、せっかくメンテナンスしたのに期待した効果が得られないなどの問題が生じることがあります。

多少費用はかかっても足場を安定させることは丁寧な作業につながります。作業者のためにも、ひいてはご自宅のためにも足場は必ず設置したほうが良いでしょう。

足場の種類

足場にはいくつか種類がありますが、ここでは代表的な2種類をご紹介します。

単管(たんかん)足場

鉄製のパイプを組み合わせて建てる足場のことです。抱き合わせたパイプ2本が床の役目をするため安定感に欠けバランスに注意しながらの作業になります。隣家との間が近いなど狭い敷地でも設置ができることがメリットですが、一つひとつ組み立てなければならないため工期が長くなること、高コストになりがちなことがデメリットとして挙げられます。

ビケ(クサビ)足場

ハンマーで金具を打ち込むだけで組み立てができる足場です。組み立てや解体も簡単なので、工期が短く済み、費用も抑えることができます。最近、主流になってきている足場がビケ足場になります。

しっかりと固定されているため揺れも少なく、足場となる板も幅広く作業者は両手を離す作業でも安定して行なうことができるのが最大のメリットです。デメリットは組み立てる際に金具を打ち込む音がうるさいこと、場所によっては設置できない場合もあることです。しかし一番安全でコストパフォーマンに優れている足場と言っても良いでしょう。

足場の相場はどれくらい?

足場の相場はどれくらい?

足場の相場は一般的に1平米あたり600円~1,000円になっています。平米単価1,000円を超えると平均よりも高いと思ってもいいでしょう。複数の業者から見積りをとり足場代もしっかり確認することが大切です。また汚れや塗料などの飛散を防止するためのネットを張る場合は別途費用がかかる場合もあるのでご注意ください。

火災保険が適用されると足場費用が賄える可能性も!

火災保険が適用されると足場費用がゼロ円に!

このように建物の工事に足場は欠かせないものです。足場の安定性が作業結果の良し悪しに大きな影響を及ぼすことにもなるため、高いクオリティを求めるとなるとやはり足場は必要でしょう。ご自宅のために最低限の足場の知識を頭に入れておくと安心です。

足場代の出費は痛いものですが、足場費用が火災保険で賄えるかもしれません。多くの場合ご自宅に足場を組むケースは、屋根や外壁などの修理ではないでしょうか。もしそれらの損害の原因が突風や台風などであった場合、火災保険の風災補償が適用され、損害箇所だけでなく修理に必要な足場費用も補償の対象となる可能性があるためです。

建物の損害を見つけられた場合は、おウチの専属秘書にご連絡ください。その損害が自然災害によるものか、保険適用の可能性があるのかを調査し、保険の申請・修理までいたします。下りた保険金内で修理しますので、お客様に金銭的な負担は一切かかりません。もし足場を組むような大掛かりな作業になってもご安心ください。

最新コンテンツカテゴリの最新記事