年末年始の防火・防犯対策!

年末年始の防火・防犯対策!

帰省や旅行で家を留守にする機会が多い年末年始。防火・防犯に無防備なお宅は犯罪の格好の標的になってしまいます。誰しも新年早々、嫌な気持ちにはなりたくありませんよね。今回は普段の生活の中でできる、犯罪者から建物を守る防火・防犯対策を紹介します。是非参考にしてください。

油断を見せない防火対策!

油断を見せない防火対策!

消防庁の発表では平成27年1月から6月の総出火件数は21,931件。出火原因の1位は「放火」及び「放火の疑い」で 3,484件にものぼります。冬は空気が乾燥していて火の回りが早いため、小さな火種が一気に燃え広がる危険性があります。放火犯は小さな隙を見逃しません。「放火をさせない」という強い意識が必要です。

  • 建物の周囲にダンボールや新聞紙などを放置しない。
  • 周囲に照明器具を設置し暗がりをつくらない。
  • 門扉や物置、車庫にも忘れずカギをかける。
  • 自動車やバイクのボディカバーを防炎品にする。

日頃から建物周辺の整理整頓を心掛けて、放火されにくい環境を作っておくことが重要です。

簡単にできる防犯対策!

泥棒が嫌う家とは、人の気配がある家と侵入に時間がかかる家です。そのために留守を悟られないようにすること、しっかり施錠するなど、泥棒に「防犯意識が強い家だな」と思わせることが肝心です。

  • 郵便受けに郵便物や新聞紙を極力ためない。
  • 留守にする時はリビングの電気を点けたままにする。
  • カーテンを閉めて室内が見えないようにする。
  • 庭木の剪定などは済ませ、周囲からの見通しを良くする。
  • 洗濯物は全て取り込み外に何も出てない状態にする。
  • カギを二重にする。

「約7割の泥棒は侵入に5分以上かかると侵入を諦める」というデータがあります。窓ガラスを割れにくい防犯ガラス窓にしていると、侵入に余計な時間がかかるためおすすめです。

※長期にわたって家を不在にする場合は、電気代がかかりますので電気は消しておいたほうがよいでしょう。

防火・防犯の意識を高めよう!

防火・防犯の意識を高めよう!

放火も空き巣も自分で防げる可能性がある犯罪と言えます。大切なご自宅と財産を守るために「我が家は大丈夫」という思いを捨てることが大切です。一人ひとりが防火・防犯意識をしっかり持って、年の瀬を安心・安全に過ごし笑顔で新年を迎えましょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事