気象予報士が選ぶ2015年10大ニュース!

NO IMAGE

2015年も残すところあとわずかになり、この1年をまとめた興味深いランキングが数多く発表されています。日本気象協会が発表する「日本気象協会が選ぶ2015年お天気10大ニュース・ランキング」もその中の一つ。このランキングは日本気象協会に所属する気象予報士100名が特に記憶に残った話題を選んだものです。お天気を知り尽くしたプロ中のプロの心に残った2015年の気象ニュースを発表します。

注目のベスト10

  • 1位 台風第18号による大雨(平成27年9月関東・東北豪雨)
  • 2位 ひまわり8号の運用開始
  • 3位 口永良部島で噴火警戒レベル5 箱根山なども火山活動が活発化
  • 4位 東京の猛暑日8日連続 過去最長を記録
  • 5位 元日 都心で9年ぶりの雪 京都は大雪の初詣
  • 6位 台風第11号 近畿地方で記録的な雨
  • 7位 台風21号 八重山地方が暴風、低気圧に変わり北海道でも暴風
  • 8位 西日本冷夏 降水量も多く 鹿児島6月に1300.5ミリと過去最多
  • 9位 北陸地方で大雪 福井県では数百台の自動車が立ち往生
  • 9位 桜前線が最速でゴール 北海道 春の高温が影響(同率9位が2件)

大型台風関連のニュースが3つもランクインしていること、関東を中心とした猛暑、西日本の冷夏など、昨今の異常気象を如実に表したランキングになっています。

1位は記憶に新しい関東・東北豪雨

記憶に新しい関東・東北豪雨

台風18号の影響により、9月9日から11日にかけて関東地方と東北地方では記録的な大雨となり、宮城県・茨城県・栃木県に大雨特別警報が出されました。この大雨により茨城県常総市では鬼怒川の堤防が決壊して洪水が発生し、多くの家が濁流に流されたり、床上浸水したり甚大な被害を受けました。8名の方がお亡くなりになるという大変痛ましい被害をもたらした台風18号は今も各地に深い傷跡を残しています。

あの大水害から3ヶ月が経ちますが、常総市では現在でも80名の方が避難所生活を余儀なくされており生活再建は順調には進んでいません。一刻も早く被災された方々の生活再建が望まれています。

日本列島の火山活発化

日本列島の火山活発化

5月29日、鹿児島県口永良部島(くちのえらぶじま)の新岳で爆発的噴火が発生。気象庁から2007年の噴火警戒レベルの運用開始以来初めて「噴火警戒レベル5」の特別警報が発表され、全島民へ島外避難指示が出されました。

また6月30日は箱根山でも小規模噴火が発生し噴火警戒レベル3(入山規制)が発表され、更に6月16日の浅間山、9月14日の阿蘇山、桜島でも8月15日に噴火警戒レベルが4(避難準備)まで引き上げられています。

2014年9月の御嶽山の噴火に引き続き、2015年も火山列島である日本各地で活発な火山活動が目立ちました。火山活動の活発化については諸説ありますが、東日本大震災以降に活発になっているという説もあります。火山の近くにお住まいの方は引き続き警戒が必要になるでしょう。

2016年も自然災害要注意!

2016年も台風に要注意!

台風関連のニュースが大きなインパクトを残したランキング。地球温暖化が進むと台風が巨大化し、降雨量が増加するとも言われています。12月12日、国連気候会議(COP21)で地球温暖化対策の新しい枠組み「パリ協定」が採択されましたが先行きは不透明です。2016年も引き続き台風や大雨に細心の注意を払ってください。

ランクインしている台風や大雪、豪雨による水災は火災保険火山噴火は地震保険で補償を受けることができます。今後、地球温暖化の影響で一層の激化が予測される自然災害に、経済的な備えとして大きな役割を果たしてくれるでしょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事