要注意!ベランダ・窓枠からの雨漏り

要注意!ベランダ・窓枠からの雨漏り

注意!ベランダ・窓枠からの雨漏り

雨漏りの発生箇所といえば屋根や外壁などが代表的ですが、その他にもベランダや窓枠などが挙げられます。意外と見落とされがちな箇所ですが、住宅には至る所に雨水の侵入経路があるのです。

ベランダからの雨漏り

ベランダからの雨漏り

接続部分(継ぎ目)からの水漏れ

屋根においても「簡単な造りであるほうが雨漏りしにくい」とされているように、建物の継ぎ目部分は住宅の弱点と言えます。ベランダの場合は角の部分や手すりの継ぎ目から水が侵入することが多く、笠木の損傷なども侵入経路になり得ます。そうすると内部の木材が腐って耐久性が低下する他、ベランダそのものが雨水の通り道となってしまい階下に水漏れ被害を出してしまう可能性も考えられます。

防水層の劣化

雨のダメージを直接的に受けるベランダや陸屋根(勾配の無い屋上のような屋根)には防水加工が施されているのが一般的です。ところが長時間放っておくと除々に劣化し、防水シートに割れや裂け目などの損傷が発生します。そういった隙間から雨水が染みこむと、元々雨の影響を受けやすい箇所であるためあっという間に雨漏りが始まる危険性があります。

排水口(ドレン)の破損

意外と確認不足なのがドレンと呼ばれる排水口です。雨どいと同様で排水の役割をもつため負荷がかかり、排水口付近の防水劣化や排水詰まりにより雨漏りが発生しやすくなっています。劣化が早い部分でもあるため、定期的に点検をしましょう。

窓枠(サッシ)からの雨漏り

窓枠(サッシ)からの雨漏り

コーキング部分からの水漏れ

建物の防水性や気密性を維持するためのコーキングは5~10年程経つと除々に劣化が始まります。劣化箇所から雨水が染みこむのを防ぐために、何らかの損傷が見当たる際は早めに打ち替えを行いましょう。しかしコーキングは誤った施工をすると、排水に影響を出しかえって雨漏りの原因となってしまうことがあります。コーキング施工は部分補修であり比較的安価なので、可能であれば専門業者に任せることをおすすめします。

窓枠周辺の損害からの水漏れ

先程述べたように建物は継ぎ目に弱い傾向があり、窓の接着部分も同様です。窓枠周辺の外壁は他の部分に比べるとヒビ割れる可能性が高く、ヒビ割れは放っておくと大きく広がっていくので迅速な応急処置が必要です。近年は庇(ひさし)が短い住宅が増えていることから窓枠周辺からの雨漏りも増加しています

火災保険で住宅のメンテナンスをしよう

火災保険で住宅のメンテナンスをしよう

このように住宅には数多くの雨の侵入口があります。雨漏りの経路を確実に調べあげることはプロでも難しく、長時間放っておくと住宅の腐敗が進んでしまうことも。大切な家を長持ちさせるためにも定期的なメンテナンスを実施することが大切です。

雨漏りの原因が自然災害や突発的な事故により引き起こされたものであれば、住宅の損害に対して火災保険が適用されます。自然な消耗による経年劣化やメーカー等の施工不良である場合は対象外となりますが、一般の方にその区別は難しいと思われます。

もし火災保険にご加入済みで、住宅の雨漏りにお悩みの方は当サイトにご連絡ください。おウチの専属秘書が住宅の損害に対して火災保険が適用されるかどうか、無料で調査致します。その後の保険申請や修繕工事までしっかりサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合せくださいませ。

最新コンテンツカテゴリの最新記事