外壁塗装が0円?その理由は火災保険にあり

外壁塗装が0円?その理由は火災保険にあり

誰もが夢見るマイホームは購入したら終わりではなく、住宅を維持するために様々な手を打つ必要がでてきます。特に屋根や外壁などの外観部分は定期的なメンテナンスが推奨されており、中でも外壁塗装が代表的とされていますが「何故外装塗装が必要なのか」「どのタイミングで実施すべきなのか」など、今回は皆さんが抱えている疑問にお答えします。

外壁塗装の必要性とタイミング

外壁塗装の必要性

外壁塗装を単なる壁の装飾と捉えている人も多いですが、それは大きな間違いです。日夜外部に晒されている外壁は屋根と同様にダメージを受けやすく定期的なメンテナンスを行わなければ耐久性が著しく損なわれてしまいます。最適なタイミングは築10年前後をはじめとし10~15年毎と言われており、怠れば以下のような症状が出るおそれがあります。

  • ヒビ割れや浮き・剥がれなどの危険性
  • 防水処理の劣化(湿気の影響を受けやすくなる)
  • 劣化箇所からの雨漏り
  • 外壁材の劣化

防水処理の劣化やヒビ割れをそのままにしていると外壁内部に水や湿気が染み込みやすくなり、住宅そのものの劣化が始まってしまいます。

しかし逆に言えばしっかりとメンテナンスを行うことで住宅が長持ちすることに繋がり、安全な家に住んでいるという安心感も生まれます。ここまで聞くと「積極的に実施しよう!」と考える方が増えてくるかもしれませんが、外壁塗装は思った以上に資金がかかるものなのです。

外壁塗装は高額!100万円超も

外壁塗装は高額!?100万円超も

塗装工事の値段は塗料の種類や住宅の規模によるピンキリなので相場がつけづらいのですが、基本的には約50~100万超と非常に高額です。「塗料を塗るだけなのに!?」と驚かれるかもしれませんが、大半は足場や養成に関する費用と人件費が占めています。

誰しも一度は工事中の住宅が沢山のシートやパイプに囲まれている光景を見たことがあるかと思います。外壁や屋根などの大掛かりな工事を行う際は施工に必要な足場を組み、施工箇所以外を守るための養生シートを貼る必要があるのですがその費用だけでも20万円に達することも有り得ます。

また手抜き工事を避けきちんとした塗装をするとなると人件費もそれなりになってしまいます。良い塗料で塗装を行う場合、坪数によっては200万~300万と値段が跳ね上がることも。そんな大金を10年毎に用意するのも大変な話ですが今回は外壁塗装が0円で出来る理由をお教えします。

火災保険で100万円が0円に?

火災保険で100万円が0円になるお得な話

マイホーム購入と同時に火災保険に加入した方は大勢いるかと思います。火災保険はその煩雑な内容から契約者ですら内容を理解していないという状況が常態化していますが、有効活用することで住宅のメンテナンスが無料になる可能性があるのです。

自然災害の被害には火災保険

最初に住宅は様々なダメージを受けていると述べましたが、中には自然災害による損害も多く含みます。自然災害大国の日本では”災害が全くない地域”は存在しません。台風・大雨・豪雪・落雷…地域により抱えている災害リスクも様々ですが、それらの損害は火災保険の補償を受けることができます

台風・強風が原因なら風災補償

20160120_6

例えば外壁の傷が台風の飛来物で受けたものであれば火災保険の風災補償が適用されます。

「風災補償」とは風によって建物や家財が被害にあった場合に保険が適用されるもので、台風はもちろんのこと、突風や強風、木枯らしなどの強い風が被害の原因だった場合にも適用されます。

また、風災補償では風の被害であれば外壁の破損だけではなく、以下の箇所の破損も補償されます。

  • 屋根
  • 窓ガラス
  • 雨樋
  • 漆喰
  • カーポート
  • ベランダ
  • バルコニー
  • TVアンテナ

雪が原因なら雪災補償

雪が原因なら雪災補償

風災補償の他にも火災保険には雪による被害を補償する雪災補償というのもあります。例えば、雪の重みで屋根や雨どいが壊れてしまった場合に雪災補償が適用されます。

近年では突発的に九州でも数十センチの積雪があったりと、雪の被害を受けているのは北海道や東北地方などの一部地域だけではありません。もし、「雪の被害だと思うけど、よく分からないな…」とお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。

保険が適用されるかどうかをプロが詳しく調査いたします。

■火災保険のその他の補償範囲はこちら
火災保険の補償範囲

経年劣化は補償対象外

但し火災保険は突然の事故や災害で受けた損害を補償する保険で、自然な消耗による経年劣化は保険の対象外となります。損害が明らかに時間経過によるものだと判断されれば保険金はおりませんので注意が必要です。

とは言え専門知識を持たずして決めつけるのは勿体ありませんので、少しでも心当たりがあれば保険申請することをおすすめします。参考までに火災保険が適用されたケースはこちらにまとめてありますので是非ご覧ください。

住宅の損害を無料でお調べ致します!

外壁や屋根に損害を受けている方は一度火災保険が適用されるか調査をしてみてはいかがでしょうか。当サイトでは住宅の損害に火災保険が適用されるかどうかを無料でお調べする現地調査を実施しています。もし火災保険が適用されれば屋根塗装などの工事費用を保険金でまかなうことが可能です。

高額なメンテナンス・修理費用にお悩みの方、まずは無料調査をお試しください。お問い合わせはお電話・メールフォームお好きな方からお気軽にご連絡くださいませ。

最新コンテンツカテゴリの最新記事