【雨漏り】修理費用の相場は?火災保険が適用される可能性もあり!

【雨漏り】修理費用の相場は?火災保険が適用される可能性もあり!

雨漏りは築年数に関係なく突如発生する厄介な住宅トラブルです。発生してしまった以上出来るだけ早急に修繕を行うべきですが、そもそも雨漏りを修繕するためにはいくら費用が必要なのでしょうか。

そこで今回の記事では、雨漏りの修理にはどのくらい費用がかかるのか目安をご紹介します。そして、雨漏りの調査方法にはどのような方法あるのかも見ていきましょう。

20150915_1

修繕費用の相場は工法により変化する

修繕費用の相場は工法により変化する

雨漏りの状態により工法は大きく変わります。雨漏りがあまり悪化していなければ少額の部分補修で済みますし、被害が広範囲に及んでいればそれだけ大掛かりな工事が必要になり当然費用もかさみます。

部分補修は1~10万円程度

部分補修は1~10万円程度

早めに雨漏りに気付くことができれば雨水の通り道を塞ぐだけでほとんどの雨漏りが止まります。原因が亀裂やひび割れだった場合はコーキング材で修繕を行うことがほとんどで、費用の目安は数万円~10万円程度とそれなりに安価で済むでしょう。

部分補修の道具はホームセンターなどで手に入るためご自身で安価に修繕することも可能です。しかし適切な施工をしなければ被害が拡大し、かえって膨大な修繕費用が必要になる可能性も。ご自身での対処は応急処置に留めて本格的な修繕は専門家に任せることをおすすめします。

※自分でできる応急処置については「突然の雨漏り!適切な応急処置とやってはいけない危険な応急処置とは?」をご参照ください。

大掛かりな修理になると20~100万超

大掛かりな修理になると20~100万超

雨漏りが広範囲に広がっていれば大掛かりな工事が必要になり、足場を組む必要があるのでかかる修繕費用は跳ね上がります。更に工法により値段が大きく変動するため相場の振り幅も大きくなってきます。

例えば屋根が傷んでいた場合、下地や防水シートの修繕・防水塗装などで済む場合はおよそ20~50万円ほどの工事になるでしょう。足場だけで20万円ほどかかるケースもあるため妥当な値段と言えます。

ところが屋根の状態が悪ければ傷んだ屋根材を全て取り払い一新する葺き替え工事が必要になります。葺き替え工事を行うと必要な費用は100万円を超え、状態によっては200~300万円かかることも有り得ます。屋根は新築同然になるので雨漏りを止めるためには最も効果的ですが痛い出費です。

多様な雨漏りの調査法

ずれた屋根瓦、外壁のヒビ割れ、劣化したコーキングなど雨漏りは様々な原因が考えられるため、まずは原因を調べることからはじまります。近年では調査方法も多様化していますがここでは一部をご紹介します。

※コーキング…防水性や気密性のために建物の隙間を専用のコーキング材で塞ぐこと。

目視

目視

その名の通り、肉眼で直接住宅を調べて原因を見つけます。調査方法の中でも最も安価なため雨漏り調査の基本となっており、複雑な雨漏りでなければほとんどの調査会社が目視で雨漏りを調べるでしょう。

散水方法

散水方法

雨漏りをしているであろう箇所に散水して雨水の通り道を探る方法です。目視に比べると確実な方法ですが、大掛かりな作業になってしまうこと・家屋が水濡れしまうこと・目視に比べると費用がかかることが難点となっています。

赤外線を使用した方法

赤外線を使用した方法

近年では調査用の技術も進歩しており赤外線や紫外線を利用した方法もあります。しかし費用は10~40万円と高額になるため「調査は安価に済ませたい」というお客様にはおすすめできません。


良い機材を使っていても重要なのは調査する人間に専門知識があるかどうかです。しっかりと住宅の知識を持っている調査員であれば目視でも散水方法でも問題はありません。しかしどうしても人間の目で確認できない症状の場合は機材を利用した調査を検討しても良いでしょう。

雨漏りは火災保険で直せる可能性あり

上記のように雨漏り修理の相場は被害状況によりピンキリなので一概には言えません。早急に発見しても万単位でお金がかかってしまうため、修繕に積極的になれず更に雨漏りを悪化させてしまうケースも多々あります。

雨漏りは直したいけど、費用面が気になって躊躇している。そんな方に是非知って頂きたいのが、雨漏りは火災保険で直せる可能性があるということです。

火災保険で雨漏りが修理できる理由

火災保険で補償されるのは火事だけではありません。台風や強風などで家屋が被害を受けた場合にも補償されます。そのため、雨漏りの原因が台風や強風による「風災」であれば、火災保険が適用される可能性があります。

他にも大雪によって屋根や雨どいが被害を受ける「雪災」も補償されます。このように、保険会社に雨漏りの原因が自然災害であると認められれば、原因箇所を保険金で修理することができます。

家屋の損害はおウチの専属秘書にご相談を!

おウチの専属秘書にご相談を!

おウチの専属秘書ではお客様の雨漏りが火災保険で修理できるかどうかの調査、そして火災保険の申請まで無料で行っております。

火災保険が適用されましたら保険金の金額内で修理をしますので、お客様の自己負担はありません。また、保険が下りなかった場合にも調査費用や出張費用を請求することはございません。

「雨漏りの修理費用をなんとか工面したい!」とお考えの方はぜひおウチの専属秘書にご相談ください。

最新コンテンツカテゴリの最新記事