冬に注意!積雪による”すが漏れ”の危機

冬に注意!積雪による”すが漏れ”の危機

すが漏れという言葉をご存知でしょうか。「すが」とは東北の方言でのことで、その名のとおり溶けた氷が水となり室内に漏れる現象を指します。雨漏りとは異なる性質を持ちますが、屋根や外壁から屋内に浸水して水漏れ被害を出すことは同様です。今回はすが漏れが発生する仕組みと防止対策をご紹介します。

すが漏れが発生する仕組み

すが漏れが発生する仕組み

屋根に降り積もった雪は時間が経つにつれ徐々に性質が変わります。室内の暖かい空気は屋根越しに雪を溶かし、水になった雪は凍結して氷に変化します。その氷はつららとなって軒で水をせき止めてしまい、雪の中で溜まった水が屋根や外壁の隙間から室内に漏れることをすが漏れと言います。雨漏りは雨水が屋根を流れ落ちますが、すが漏れは屋根上に水が溜まる形になるので水が漏れやすいという特徴があります。

こうして家屋に入り込んだ水は、木材を腐食させ住宅の耐久性を著しく低下させます。更には湿気がカビを生みシックハウス症候群を発症させる可能性も。二次被害のリスクは雨漏り同様危険なので、積雪の多い地域では何らかの対策をとる必要があります。

すが漏れを防ぐための対策

雪下ろしを頻繁に行うなどの対策方法もありますが、屋外と室内の温度差が原因となるのでそこを解決することが最も有効です。

  • 雪を溶かさないように屋根の断熱材を強化する。
  • 雪に熱が届かないように天井に断熱材を追加する。
  • 屋根全体または軒にヒーターを設置する。
  • 屋根材を雪に強い金属屋根に葺き替える。

対策としては上記のものが考えられますが、何れも大掛かりな工事となり工事費用が高額になるため実費で工事を実施するには負担が大きくなってしまいます。ここで気になるのが「どうにかして費用負担を軽減できないか」という点。すが漏れに保険などは使えないのでしょうか。

すが漏れは火災保険で修繕可能?

すが漏れは火災保険で修繕可能?

住宅に関する損害を補償する保険は火災保険が代表的です。契約内容に風災・雪災・雹災のセットが含まれていれば雪に関する被害の補償を受けることが可能ですが、すが漏れは火災保険が適用されないと言われています。というのも住宅の構造上に問題がなく、雪下ろしが適切に行われていれば発生しないトラブルであり偶然性が認められないことから突発的な事故を補償する火災保険では適用されないとのことです。

しかし近年では異常気象の影響で豪雪被害の勢いも増しており、特に2014年2月の豪雪では普段はあまり雪害とは縁のない関東中心が甚大な被害を受けました。雪に慣れていなかった都心周辺の人々は豪雪に対する対応が遅れ、それが被害の増加に繋がったと言われています。このような不測の事態には保険会社も柔軟に対応し、例外的に火災保険が適用されるケースもあります。また保険適用の基準は各保険会社により異なりますので、一度ご加入中の保険会社にご確認してみてはいかがでしょうか。

※断熱材の不備や勾配の角度が適切でなかった場合は欠陥と見なされ、建設した工務店やハウスメーカーに無料修理を求めることができます。まずは水漏れの原因となっている部分を調べる必要がありますので、損害を発見した時点で住宅の調査を行うことをおすすめします。

最新コンテンツカテゴリの最新記事