屋根修理の方法と最適な工法の選び方

屋根修理の方法と最適な工法の選び方

一口に「屋根修理」と言ってもその方法は様々で、屋根の状態やご予算に合わせてメリットやデメリットを考慮して選ばなければいけません。今回は屋根修理の工事方法を簡単にご紹介いたします。

屋根修理の施工方法

屋根修理の工事方法一覧

葺き替え工事

葺き替え工事の施工方法

葺き替え工事は既存の屋根材を取り払い、新しい屋根材に替えることを言います。大規模な修繕工事になるのでコストがかかりますが、屋根材を一新することで住宅の耐久性が増し寿命も延びるので安心です。屋根の下地まで傷んでいたり雨漏りが広範囲に広がっている場合は葺き替え工事をした方が再発のおそれもありません。

葺き替え工事を行う時期の目安は以下をご参照ください。

  • スレート屋根 10~15年
  • 日本瓦屋根 25~30年
  • トタン屋根 6~10年

カバー工法(重ね葺き)

カバー工法(重ね葺き)の施工方法

カバー工法は既存の屋根を残したまま上から新しい屋根材をかぶせる施工で屋根材を撤去する手間やコストがかからないので人気があります。屋根が二重になることで断熱性や遮音性が高まるというメリットがある反面、重量が重くなってしまうというデメリットもあるため入念な耐震チェックが必要です。瓦屋根は施工不可能なのでスレート屋根やトタン屋根に限ります。

締め直し工事

締め直し工事の施工方法

締め直し工事は既存の屋根瓦を一度全て剥がし、傷んでいる部位を修繕したり防水シートを新しくして内部の状態を整えてから瓦を積みなおす工事方法です。既存の瓦を使用するため葺き替え工事よりはコストがかからないのが利点ですが、屋根材全てを一新するわけではないので耐久性に関しては葺き替え工事に劣ります。

屋根塗装

屋根塗装の施工方法

屋根を洗浄してから塗装を上塗りする施工です。外観の保持や耐久性を保つことが目的で、屋根そのものにあまり劣化が見られない場合に行います。下地に痛みがあったり雨漏りをしている場合は葺き替え工事で屋根材を一新することをおすすめします。費用は塗料により大きく変動するので専門家としっかり相談しましょう。

お客様のご都合を考慮した施工を行います。

上記にあるように、屋根修理だけでも様々な工事方法があります。火災保険レスキューがご紹介する施工業者は住宅の状態や費用面を考慮して最善の施工を提案いたします。工事内容に関しまして気になることがあればお気軽にお尋ねください。

最新コンテンツカテゴリの最新記事