複雑な屋根は雨漏りリスク大?家を守る知識

NO IMAGE

最近の住宅は軒の出が無い軒ゼロ屋根や複雑な造りの屋根などデザインを重視した屋根が増えています。しかしそのデザイン性もものによっては住宅の寿命を縮めている可能性があります。マイホームであれば長年住む家ですから、「せっかくだしオシャレな外観にしたい!」というお気持ちもわかりますが、大切なお住まいを長持ちさせるためにも今一度雨漏りリスクを見直してみてはいかがでしょうか。

複雑なデザインは避けたほうが無難

複雑なデザインは雨漏りしやすい

雨漏りを全くしない屋根はありませんが、雨漏りをしやすい屋根はあります。こちらで説明していますが、簡単に言うと切妻屋根のように構造が単純な屋根は雨漏りをしづらく、越屋根などの複雑な屋根は雨漏りをしやすいのです。

屋根の造りが複雑だとそれだけ継ぎ目が増えてしまいます。画像の小さな屋根の接着面もそうですが、こういった継ぎ目は隙間から雨水が染みこむ可能性が非常に高く雨漏りの原因になりやすいのです。また雨漏りを防ぐためには屋根は素早い雨の排水が求められるため、構造が複雑だと雨水の排出が上手くいかず雨漏りの原因となってしまいます

トップライトの設置は危険?

トップライトの設置は雨漏りに繋がることも

屋根の構造といえば、快適な空間造りのために屋根にトップライトを設置するご家庭もあります。トップライトには「風通しが良くなる」や「自然の光が心地いい」というメリットがありますが、きちんとした防水施工がされていなければ住宅の雨漏りリスクの一つになってしまうのです。

窓枠のパッキンやコーキングからの雨漏りは非常に多く、屋根に設置することで継ぎ目ができ雨水が染みこむリスクを高めてしまいます。トップライト自体に問題がなかったとしても、結果的に窓枠まわりに雨水が溜まり雨漏りが発生してしまったというケースもあるのです。

トップライトの設置は住宅密集地で自然光を取り入れる方法として有効ではありますが、上記で説明したようなリスクがあることを認識しておきましょう。

修繕費用には保険を使おう

複雑な造りの屋根もトップライトも、きちんとした防水施工が行われていれば問題ありません。しかし残念なことに適切な知識がないまま施工してしまう業者がいるのも事実です。上記二点は雨漏りの直接的な原因なだけで、元を辿れば業者の施工不良が原因というケースもあります。

業者の施工不良が原因の場合

もしも購入してから10年以内の雨漏りであればそれは施工不良の可能性があると言えます。その場合は業者に申し立てれば瑕疵担保責任に基いて無料で修繕工事を求めることができるかと思われます。諦めて自己負担せずに業者に責任追及をしましょう。

自然災害が原因の場合

業者の防水施工が完璧だったとしても、近年の異常気象に住宅が耐え切れず雨漏りが発生してしまうことがあります。そんなとき火災保険に加入していれば住宅のトラブルに対して補償を受けることができます。例えばトップライトからの雨漏りを止めたい場合、原因がトップライトの施工不良ではなく「屋根瓦の破損により窓枠に雨水が溜まって雨漏りが起きている」という状態であれば火災保険を利用して雨漏りを止めることが可能になるのです。

雨漏りのトラブルはお問い合わせ下さい

上記で様々なケースを述べましたが、一般の方では雨漏りの原因が何なのかは分からないことがほとんどです。もし火災保険に加入しているのであれば当サイトにご連絡ください。損害調査のプロがご自宅の雨漏りに火災保険が適用されるか無料で調査いたします。

最新コンテンツカテゴリの最新記事