太陽光パネル、自然災害に備えた保証対策を

太陽光パネル、自然災害に備えた保証対策を

太陽光パネル(ソーラーパネル)は屋根や平地などの屋外に設置するため、自然災害を真正面から受け止めることになります。勿論災害のことを考慮した強度になっているはずですが、異常気象の影響で災害も酷くなっており心配になるのも当然のことと言えるでしょう。万が一に備えて今回は太陽光発電の保証についてご説明いたします。

太陽光パネルの保証はどうすべき?

太陽光パネルの保証はどうすべき?

太陽光パネルには基本的にセットでメーカー保証が付帯されます。メーカーにより内容は様々ですが、自然災害に関する補償が用意されていない場合や、用意されていたとしても有償となっている場合があります。また火災保険では太陽光パネルも補償内容に含むことが可能です。メーカーで自然災害補償を契約するべきか、火災保険の契約に組み込むべきかじっくり検討する必要があるでしょう。

メーカーと火災保険の二重契約をしていた場合

保険の二重契約をしてしまう人は珍しくなく、メーカーの自然災害保証と火災保険を重複して契約していることがあります。そんな状態で太陽光パネルが被災してしまった場合、「補償はどちらからも受け取れるのか?」「どこに連絡すべきか?」など悩まれることでしょう。

保険というのは事故や災害で受けた損害の復旧を目的としているので、必要以上の補償を受けることはできません。つまりメーカー側から損害額が満額支払われれば保険が下りることはありませんし、火災保険が満額下りればメーカー側から支払いが行われることもないということになります。損害額が満額補償されなかった場合に不足分をもう一方が支払うケースもありますが、基本的には保険や保証の内容をしっかり把握して必要な部分だけ補うような契約を行っておくことがベストです。

被災時にメーカーと保険会社のどちらに連絡すべきかという点ですが、メーカーの中には「火災保険にご加入の場合はそちらを優先的に使う」と明記しているところもあり、一般的には火災保険の使用が優先されると考えられます。しかしこの件に関してはメーカーや保険会社により様々なケースが有り得ますので両者に問い合わせて話し合うことが必要でしょう。

※既に災害による損害を受けてお困りの方はぜひ当サイトにご連絡ください。

メーカー保証は10~20年まで

メーカーの多くは保証期間を10~20年までと定めています。太陽光パネルは将来的な利益を長い目で見て設置される方が多い中、この保証期間は少々心許ないように感じます。心配な方は長期的な保証が望める火災保険を契約しておくことをおすすめします。火災保険は太陽光パネルを設置した際に保険会社に連絡をしていない場合は補償を受けることができないので注意しておきましょう。

自然災害から財産を守るために

最初に述べたようにメーカー側も自然災害に耐えうる強度を計算して太陽光パネルを製産しているかと思います。しかし近年では異常気象の影響か、強力な自然災害が多発している傾向にあります。平成27年6月の群馬県の突風被害では太陽光パネル約600枚が吹き飛ばされ、その他にも平成26年2月の豪雪や6月の豪雨で太陽光パネルが被害に遭っています。

そんなとき、しっかりと保証や保険に加入していればきちんと補償を受けることができます。大切な財産を失わないためにも事前に対策をとっておくことが大切です。

最新コンテンツカテゴリの最新記事