店舗総合保険の頼りになる特約

NO IMAGE

住居として使用する建物と違い、店舗や事業所として使用する建物は事故や災害に遭ったとき、直接的な原因とは別のところで損害が生まれます。そんな間接的な損害をフォローするために、店舗総合保険は様々な特約が用意されています。そこで今回は店舗総合保険の便利な特約を抜粋してご紹介いたします。

※特約の名称・詳細は保険会社によって異なります。

店舗賠償責任補償

店舗賠償責任補償とは

この補償は飲食店や小売店を対象とした補償で、建物の所有や使用に起因する事故で第三者に損害を与えてしまい、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる特約です。

実際に例を挙げてみると、

保険金が支払われる事故例
  • 店舗の看板が倒れて通行人に怪我を負わせた。
  • 店舗内でホットコーヒーを持った店員が転倒し、お客様に火傷を負わせた。
  • 販売した商品の欠陥により購入したお客様が怪我をした。
  • 鮮度の落ちた食品を販売して購入したお客様が食中毒を起こした。

これらの事故を補償するのが店舗賠償責任補償です。近年では販売店などの損害賠償リスクが高まっていると言われていることから飲食店や小売店は欠かせない補償と言えるでしょう。

店舗休業保険

店舗休業保険とは

この保険は自然災害や人為的な損害を受けたことから営業活動が阻害、または休止したことによる損失を補償する保険です。例えば店舗が火災事故に遭えば、店舗総合保険で建物や什器・機材に関する補償を受けることができます。しかし、その後の営業活動が通常通り行えない場合、利益の損失が出てしまうことになります。

店舗や事業所が事故に遭うと建物の損害より利益の損失の方が多額になってしまうこともあります。特に店舗ですと小火程度でも営業が難しくなってケースも考えられますし、建物の修繕に時間を要すれば損失は計り知れません

また保険会社によっては食中毒や感染症を理由に営業停止が命じられた際の損害を補償する場合もあります。飲食店は要確認しておきたいところです。

特約も考慮した保険契約を

このように店舗総合保険は特約により多くの補償が約束されています。単に事故のみを補償するのではなく、アフターフォローまで考慮した保険を用意しているのは住宅の火災保険と同様です。店舗や事業所を所持または賃貸されている方は今一度補償内容をご確認することをおすすめします。手間はかかりますが、万が一のとき必ず助けになると思われます。

最新コンテンツカテゴリの最新記事