店舗の火災保険「店舗総合保険」とは?

店舗の火災保険「店舗総合保険」とは?

店舗や事業所として使用としている建物は住宅の火災保険とは補償対象が異なるので専用の火災保険に入る必要があります。店舗用の火災保険も種類は様々ですが、今回は事業用資産を幅広く補償する「店舗総合保険」についてご説明いたします。

店舗総合保険について

店舗総合保険とは

店舗総合保険とは火災保険の一種で、店舗や事業所、またはそれらを併設している建物はこの保険に加入する必要があります。補償対象は「建物」「什器・備品・機械・設備」「商品・製品・原材料」「家財」などを選ぶことができますが「建物」のみのご契約ですと什器・商品・家財の補償を受けることはできないのでご注意ください。

補償内容は住宅物件の火災保険と同じように「火災・落雷・爆発」や「風災・雪災・雹災」や「水災」などの自然災害から「盗難」「水濡れ」「外部的な事故」などの人為的な損害まで幅広い補償を受けることができます。災害リスクは在宅物件と変わりないので、保険は必ずかけておきましょう。

※保険会社により名称や補償内容が異なる場合があります。

賃貸店舗の場合

店舗や事業所に使用する建物を賃貸している場合、建物の火災保険は建物の持ち主である大家さんが加入します。では賃借人である経営者様はどうすれば良いのかというと、什器や商品、家財にのみ保険をかけることになります。

しかし賃貸店舗に損害を受けてしまった場合、賃借人には原状回復義務が課せられるので、賃貸住宅同様「借家人賠償責任補償」に加入しておく必要があります。

経営者の方へ

店舗や事業所経営者の方へ

こうして見ると住宅の火災保険と店舗総合保険は補償の対象が違うだけで、補償内容はとても似ていることが分かります。しかし建物に合わせた保険に加入していなければいざというときに保険を受け取ることができません

誤った保険加入で多いのは、店舗と住宅を併設している物件で「住宅の火災保険にしか加入していなかったため店舗部分の補償を一切受けられなかった」というケースです。保険の補償対象が適切か必ず確認をしておきましょう

火災保険レスキューでは店舗物件や工場の調査も承ります。「台風でお店の屋根が飛んでしまった」「台風で事務所の天井から雨漏りがした」などとお困りの方は、ぜひ当サイトにご連絡ください。無料の現地調査から修繕工事まで、住宅物件と同じようにサポートいたします。

※火災保険や店舗総合保険の加入・見直しのご相談は保険会社またはその他窓口にお問い合わせください。

最新コンテンツカテゴリの最新記事