群馬県の突風被害、火災保険は適用される?

群馬県の突風被害、火災保険は適用される?

2015年6月15日に群馬県や栃木県で大気の状態が不安定になりゲリラ豪雨や突風の被害が出ました。突風により群馬県内では屋根が吹き飛ばされる、車が横転する、窓ガラスが割れるなど多数の被害が報告されています。ニュースやネットでは半壊した住宅などの写真が公開されており、突風被害の過酷さを物語っています。

このような住宅に多大な損害を与える突風も火災保険の風災補償に加入していれば保険が適用されるのです。

突風被害は火災保険で補償される

ある程度予測できる台風とは違い、突発的に発生する突風に襲われると一溜りもありません。しかし火災保険では突風に限らず台風・竜巻・強風など風災による様々な被害が補償されるので安心です。そこで今回は実際に被害のあった損害を例に挙げて、どのようなものに火災保険が適用されるのかご紹介いたします。

屋根・外壁

屋根・外壁の突風被害

今回の突風では屋根が吹き飛ばされたり飛来物によって外壁に穴が開いたりなどの被害が相次ぎました。これらの被害は建物の火災保険に加入していれば保険が適用されます。住宅の他に物置の被害も報告されていますが、建物の敷地内に設置された物置でしたら建物付属物として補償を受けることが出来ます。

火災保険には「外部的な飛来物」という補償内容もありますが、直接的な原因が突風にある場合は風災として取り扱われます

自動車

自動車の突風被害

伊勢崎市では車二台が横転し、その他にも自動車の窓が割れるなどの被害がありました。残念ながら火災保険では自動車は保険の対象外となっているので、自動車の損害は全て車両保険でまかなうことになっています。

ソーラーパネル(太陽光パネル)

ソーラーパネルの突風被害

朝日新聞のwebサイトで突風被害により吹き飛ばされたソーラーパネルの写真が掲載されていますがその光景は壮絶なものでした。ソーラーパネルは二種類あり、屋根一体型でしたら屋根の一部として建物に含まれるので建物の火災保険、架台型と呼ばれる屋根に設置しないものでしたら家財の火災保険で補償されます。詳しくはこちらをご覧ください。

窓ガラス

窓ガラスの突風被害

窓ガラスも突風による被害と認められれば火災保険が適用されます。今回は施設や病院、民家の窓ガラスが被害にあったようですが、どちらも建物の火災保険に加入していれば補償を受けることが出来ます。ただし分譲マンションの場合は窓ガラスが専有部分と共用部分のどちらであるかという点で賠償責任が変わってくるので、規約の確認が必要です。

請求漏れに気をつけよう

上記のように、群馬県を襲った突風被害も火災保険に加入していれば大抵のものが補償を受けることが出来ます。火災保険は火事のみを補償する保険だと勘違いされがちですが、民間の保険会社は基本の契約内容に「風災・雪災・雹災」も一緒に含まれている可能性が高いです。しかしこれらの被害が火災保険で補償されることを知っている方は非常に少なく、保険申請をせず自費で修繕されている方が多くいらっしゃいます

火災保険には加入しているけど、保険の対象になるかどうか…」とお悩みの方はお気軽にご連絡ください。火災保険レスキューは無料でご家庭の調査を実施して、お客様の火災保険利用をサポートをいたします。

最新コンテンツカテゴリの最新記事