火災保険の対象外となる雨漏りについて

火災保険の対象外となる雨漏りについて

ご自宅で雨漏りが起きてしまった場合、保険の対象となるならぜひ利用したいところです。ところが、雨漏りにも保険が適用されないケースがあります。保険が適用されるケースだけではなく適用されないケースも知っていれば、実際に火災保険を利用したいとお考えのときに参考になるかと思われます。それでは一体どのようなケースがあるでしょうか。

火災保険が適用されない雨漏り被害

火災保険で補償される雨漏りとして「風災・雪災・雹災」や「外部からの飛来物」が挙げられます。その他のケースは基本的に補償の対象外となりますが「それ以外は補償されません」と言われてもいまいちピンと来ないのではないでしょうか。今回は保険が適用されない雨漏りの例として、有名な3つのケースをご紹介します。

経年劣化による雨漏り

経年劣化による雨漏り

火災保険の支払い対象外の代表として挙げられるのがこの経年劣化です。経年劣化とは時間の経過や使用により建物が消耗し、老朽化することを言います。雨漏りの原因として最も多いのがこの経年劣化で、自然に傷んだ屋根材や外壁のヒビの隙間から雨水が染みこみ雨漏りを引き起こします。火災保険は突発的な事故や災害による損害を補償するものなので、この経年劣化は補償の対象外となっています。

また風災や飛来物の被害が原因の雨漏りでも、事故・災害発生から長い時間が経過すると原因の特定が難しくなり経年劣化として判断されてしまうことがあります。被害に遭われた際は早期の調査が必要です。

業者の施工不良

業者の施工不良が原因の雨漏り

雨漏りの原因は様々なものが考えられますが残念ながらその中には業者の施工不良も見受けられます。
施工不良には以下の様な例があります。

  • 建物の継ぎ目のコーキングが不十分。
  • ビスが真上から打たれている。
  • 防水シートが剥がれたり破けたりしている。
  • 使われている材料が適切ではない

家の建設や修理工事の不備が原因となった場合は勿論業者に責任がありますので、当然ですが火災保険で補償することはできません。しかしこのような場合、家主は施工業者に対して賠償請求をすることが可能です。

地震が原因となる場合

地震が原因の雨漏り

地震による被害を受けると屋根瓦にズレが生じたり外壁にヒビが入ったり建物は直接的なダメージを受けます。そうして生まれた損傷に雨水が流れこむと雨漏りを引き起こしてしまいます。ところが火災保険では「地震・津波・噴火による被害」は補償の対象外とすると定められています。これらの大災害は被害規模が多いため損害額が膨れ上がり、保険会社の支払い能力を超えてしまうことが理由です。そのため、地震被害の補償を受けるためには日本政府と保険会社が支払責任を分担する地震保険に加入する必要があります。

修繕業者のご紹介だけでも承ります

ご覧のとおり雨漏りにも様々な原因があります。補償対象になり得るのか、判断が難しい場合はお気軽にお問い合わせ下さい。また、保険の対象外であっても信頼できる修繕業者のご紹介だけでも承っております。お困りの方は当サイトのメールフォームかお電話からご連絡ください。

最新コンテンツカテゴリの最新記事