コンセント火災に注意!様々な出火原因

コンセント火災に注意!様々な出火原因

コンセントによる発火が原因の火災事故は少なくはありませんが、多くの人々が「自分は大丈夫」だと思い込んでしまいがちです。毎日何気なく使用しているコンセントは思わぬところで火災に繋がる危険性を持ち合わせています。

コンセントによる電気火災の原因

コンセント火災に注意しよう

近年ではコンセントの火災予防グッズも発売されて安全性は高くなりましたが、それでも油断は大敵です。万が一に備えて、今回は普段見過ごされているコンセントを起因とした様々な出火原因をご紹介します。

トラッキング現象

トラッキング現象はここ数年で有名になりましたが、コンセントによる出火原因として最も多いものかと思われます。長時間放置されたコンセントとプラグの間にはほこりが溜まります。そこに湿気が加わると熱を持ったり火花が散るようになり、発電をした際に火災になってしまいます。対策としては定期的にほこりが溜まってないか確認をして、乾いた布などで掃除を行うのが良いでしょう。

タコ足配線

電化製品の普及とともに多くのご家庭で使用されることになったタコ足配線。今では使用していない方が珍しいくらいですが、このタコ足配線にも火災の危険性があります。タコ足配線はその使用用途から沢山のプラグが繋がれていますが、電流の許容量を超えるとコンセントが発熱してしまい火災に至ることがあります。使用前に許容電流についてしっかり把握しておくことが必要です。

電気コードのショート

電気コードを意識的に買い替えられる方は少ないのではないでしょうか。長い電気コードは束ねた状態にしていたり、上に乗っている家具による負荷がかかっていると気づかない内に傷んでいることがあります。コードに出来た傷は断線に繋がり、火災に発展する可能性があります。電気コードは束ねないで出来るだけ負荷のかからない状態で使用しましょう。

グロー現象

冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品はコンセントにプラグを挿したままの状態にしていることが多いかと思います。しかし徐々に接続部がゆるみ、電流が流れ続けていると微弱な電流が瞬間的に異常なほどの熱を持ち、電気火災を引き起こします。コンセントとプラグの接続や熱の状態は定期的にチェックしなければいけません。

いつ起こるか分からない電気火災

電気火災は留守の時に起こりかねない

コンセントを起因とした発火について様々なケースを挙げましたが、コンセント火災の恐ろしいところはこれらの事故が留守の際に起こりかねないということです。日常的なメンテナンスを心がけることも必要ですが、事故というのは気を付けていても起きてしまうことがあります。

火災保険では電気火災も対象となっており、重大な過失がない限りは補償を受けることが可能です。当サイトではご相談から無料の調査業者のご紹介までサポートいたします。有事の際はぜひご連絡ください。

最新コンテンツカテゴリの最新記事