台風により破損した屋根回り

台風により破損した屋根回り

ご自宅が突如破損したり、崩れ落ちるとさぞかし動揺されるかと思います。変わり果てた家屋の光景に「一刻も早く修繕を!」というお気持ちになるのもご理解出来ますが、まずは冷静に原因の解明しましょう。今回は突然のトラブルに火災保険が適用された事例をご紹介します。

台風により破損した破風板の板金

破風板の損害

破風板(はふいた)という名前はご存知でしょうか?写真を見ると、屋根の一部が損傷していることが分かります。この露出している木材は破風板と言い「風を打ち破る」という文字通り家屋を雨風から守る役割を持っています。このケースでは破風板を保護していた板金が突如落ちてしまったのです。

このままでは露出した木材が雨水に晒されて腐食が進んでしまいますし、外れかけている板金も危険です。突然の事態で戸惑ってしまったそうですが、当サイトにご連絡頂いて調査業者が向かったところ、数日前に起きた台風の影響だということが判明しました。風災による損害だと判断しやすかったこともあり、その後は申請から保険金の支払いまで滞りなく行われ速やかに修繕作業に取り掛かることが出来ました。

台風により破損した軒天

軒天の修繕例

こちらのケースは雨漏りにより軒天のボードが落ちてしまっています。内部の木材が雨水で腐敗しており、住人の方々も老朽化が原因だろうと思っていたそうです。ところが念の為、というお気持ちでご連絡頂いたところ台風による飛来物で屋根の一部が損傷しており、雨漏りを引き起こしてこのような状態になったということが判明しました。経年劣化による雨漏りは保険の対象外ですが、飛来物による破損で起きた雨漏りは火災保険の対象となります。早急に申請手続きを行い、無事に保険金を受け取ることが出来たので綺麗な軒天を取り戻しました。


今回ご紹介させて頂いたケースのように、半信半疑といったお気持ちでご連絡された損傷に火災保険が適用されたケースは多々有ります。突然のトラブルでお困りの際もお気軽にご連絡下さい。火災保険レスキューは無料でお住まいの調査をいたします。

火災保険が適用された事例カテゴリの最新記事