雨漏りは火災保険で補償されますか?

NO IMAGE

雨漏りによる損害は基本的に補償対象外ですがケースによっては補償が適用されます。

雨漏りや吹込みによる損害は、建物の老朽化が主な理由となり、免責事由の「経年劣化」にあたるので補償対象外になります。しかし、理由によっては雨漏りや吹込みも支払い対象になることがあります。それは、「災害で破損した屋根が原因の雨漏り」や、「飛来物で割れた窓ガラスからの吹込み」など、損害の事故性が認められるケースです。

このように、同じ損害でも原因次第では保険金が下りる可能性があります。お悩みの方、ご自身では判断が難しい場合は一度当サイトまでお問い合わせください。

お悩み解決ナビカテゴリの最新記事