水濡れの補償内容

NO IMAGE
水漏れの補償内容トップ

給水管の破裂などの水漏れで、自室に水濡れが発生した場合などに補償が適用されます。

水回りのトラブルが発生した場合、賃貸の場合オーナーさんが修理費用を負担される場合もありますが、少なからず実費で修理をされる方が多いようです。火災保険の補償内容の中でも見落とされがちなサービスですので、ぜひ覚えておいてください。

補償内容詳細

水濡れ補償は、給排水管のトラブルなどで水が溢れフローリングや室内が水浸しになってしまった場合、床板や壁紙の張り替えや、使えなくなった電化製品・家具を買い揃える費用を補償してくれる火災保険のサービスです。

また上階の部屋などからの水漏れで被害を受けた場合も該当しますので、特にマンションで多く見られる損害です。

被害を与えてしまった場合

基本的に保険は被害を受けた場合に補償適用となりますが、それは水濡れの場合も同様です。

お風呂・洗面台・トイレ等、不注意で水を溢れさせ階下で水漏れを発生させてしまった場合、保険会社や契約内容にもよりますが、原則水濡れ補償のみでは対応してくれません。ただし、火災保険サービスの1つでもある「個人賠償責任補償」では補償対象となっていますので、気になられた場合は加入状況を一度確認してみると良いでしょう。

最新コンテンツカテゴリの最新記事