Column お役立ちコラム

皆さんにとって有益な情報を分かりやすく、詳しく、厳選してお届けします!

火災保険の知識

【火災保険】台風による被害は対象?補償範囲と事例を徹底解説!

台風シーズンを迎える6月。近年では決して他人事とは思えないほど、自然災害の規模が大きくなっており、頻度も増えていることから、大きな台風に備えたいと考えている方は多いでしょう。そこで今回は、台風による被害で火災保険が適応されるのかという点とどこまでが補償範囲なのか事例を用いて徹底解説していきます。

この記事でわかること

この記事で分かることは、火災保険で台風被害を補償できるのかについてです。

また、補償の内容や範囲など事例を用いりながら解説していきます。

【結論】台風での被害は火災保険で補償される

台風による被害は火災保険で補償されます。台風による被害で思い浮かべる補償といえば「風災」でしょう。「風災」は、ほとんどの保険会社で基本補償として含まれています。

 

しかし、台風による損害を幅広く補償してもらいたいのであれば、基本補償の風災だけではなく、それぞれに該当する補償の加入が必須です。台風による被害は暴風や突風だけではありません。激しい雨や落雷など、台風で起こりうるリスクに対応した補償を選びましょう。

 

入っておくと安心!台風被害を補償する火災保険

火災保険で台風による損害を補償してもらいたいのであれば、以下の補償をつけておくと対策可能です。

 

1.風災
2.落雷
3.水災

 

台風で起こりうる被害として突風や暴風、大雨による洪水、落雷による被害が代表的です。風災はほとんどの保険会社で基本補償としてついているのですが、保険会社によってはオプションの場合もある点に注意しましょう。

 

では、上記3点がどんな補償なのか、それぞれ詳しくみていきます。

 

1.風災

火災保険の風災とは、ほとんどの保険で「風災・ひょう災・雪災」と3つがセットとなった名称となっており、それぞれで損害を受けた場合に補償されます。台風が多く発生する日本では、比較的リスクの高い災害です。

 

例えば、以下の自然災害による損害を補償します。

・台風による突風で屋根瓦が飛ばされた
・ひょうで外壁が壊れた
・大雪の重みで家の屋根が壊れた

 

 

 

2.落雷

「落雷」は火災保険の補償内容に組み込まれています。火災保険には「火災・落雷・破裂・爆発」という名称で、それぞれの補償がついています。激しい台風の場合には、落雷が発生するリスクもあるでしょう。

 

例えば、以下の損害を受けた場合に補償されます。

・台風による落雷の影響で火事になった
・落雷の影響による過電流でパソコンが壊れた

 

3.水災

「水災」は、特に河川が多い地域は重要視して加入するべき補償です。都市型水災が増えている近年では、河川がそばに無くても「都市型水災(※)」が起こることも増えています。

 

(※)都市型水災とは…河川から水が溢れて、堤防が決壊する「外水氾濫」と、排水先の水位が上がっている影響からマンホールや水路の水が溢れ、生活圏内に溜まる「内水氾濫」がある

 

大型の台風が来ると同時に大雨が伴う場合もあります。台風による雨の被害を補償してもらいたいのであれぱ、水災にも加入しておくと安心です。

 

 

台風被害による火災保険の補償範囲

火災保険で補償の対象となっているのが建物と家財です。火災保険といえば建物のみに保険を掛けるイメージがありますが、家財にも保険をかけることができます。なお、賃貸にお住まいの場合は家財のみに保険をかけるようになります。では、それぞれの補償範囲について詳しくみていきましょう。

 

1.建物

建物本体はもちろん、門や塀、物置やカーポートなども補償の対象となります。そのほか建物付属物も建物としての補償範囲です。意外と知られていないのが、浴槽や調理台、テレビのアンテナなど建物自体に固定してあるものも建物の対象となります。

 

2.家財

家財は、テレビや冷蔵庫といった家電製品から、ダイニングテーブルやソファといった家具類も補償の対象です。また、衣類や食器などの生活用品全般が家財に含まれています。台風による雷の影響で家電が故障することは珍しいことではありません。そのため、火災保険には家財も一緒に掛けておけば安心でしょう。

 

【火災保険】よくある台風の被害事例

ここでは、よくある台風の被害事例を7つピックアップして紹介していきます。

 

ケース1.台風で近所の川が氾濫して家が水浸し
ケース2.台風で屋根の瓦がとんだ
ケース3.台風で自宅の屋根瓦が飛んで隣家に被害
ケース4.台風による落雷でパソコンが壊れた
ケース5.台風の豪雨による土砂災害に巻き込まれた
ケース6.駐輪場に置いていた自転車が流された
ケース7.台風による大雨で車内が浸水した

 

それぞれ解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

ケース1.台風で近所の川が氾濫して家が水浸し

この場合、火災保険に「水災」をつけていれば補償されます。しかし、保険金の支払い条件に「床上浸水または地盤面より45㎝と定められた基準を超える損害」というような基準を設けている場合があるため、確認するようにしましょう。

 

また、水災の補償に自己負担額を設定されている場合は、損害額から自己負担額ぶんの保険料の支払いとなります。

 

ケース2.台風で屋根の瓦がとんだ

この場合は、「風災・ひょう災・雪災」をつけていれば補償されます。屋根の瓦がとんでしまったときだけでなく、雨どいが壊れた場合でも補償されるでしょう。

 

また、ケース1と同じように風災に自己負担額を設定されている場合は、損害額から自己負担分をひいた保険料の支払いとなります。

 

ケース3.台風で自宅の屋根瓦が飛んで隣家に被害

この場合は、隣家が火災保険の風災に入っていれば、その保険で補償されることとなります。自分の家から飛んでいったものが原因であっても、台風などの自然現象によるもので過失がなければ、損害賠償責任は生じません。

 

いつ、自分が隣の家のような状況になるかも分からないので、風災は外せない補償でしょう。

 

ケース4.台風による落雷でパソコンが壊れた

火災保険の補償に「家財」を対象にしていれば、補償されます。パソコンのみならず、テレビやゲーム機械などが壊れてしまった場合でも補償してもらえるでしょう。

 

ただし、こちらも自己負担額が設定されていれば、損害額から自己負担額を引いた保険料が支払われることになります。

 

ケース5.台風の豪雨による土砂災害に巻き込まれた

この場合は「水災」に入っていれば補償されます。ただし、水災の補償内容には注意が必要です。なぜなら、水災には様々な条件があることが一般的だからです。

 

例えば「建物が床下浸水または地盤から45㎝を超える浸水を被ったのちに生じた損害」や、このケースと同様で「土砂崩れによる損害割合が3割以上の場合のみ」に支払われるなど、条件があることが多いため、確認しておく必要があるでしょう。

 

ケース6.駐輪場に置いていた自転車が流された

この場合は、家財を保険の対象とし、水災をつけていれば補償されます。なお、建物の外でも敷地内で保管していたのであれば水災補償の対象です。

 

ケース7.台風による大雨で車内が浸水した

この場合は火災保険ではなく、自動車保険で補償されます。残念ながら火災保険では、自動車は補償の対象外なのです。したがって、車が浸水したとしても火災保険で補償はされません。

 

しかし、自動車保険の車両保険に加入している場合は、一般車両保険・限定車両保険のどちらでも補償の対象となるでしょう。

 

また、台風による暴風・突風で車が飛んでいった場合でも、火災保険ではなく、車両保険で補償されます。そもそも自動車は火災保険の対象にならないことを覚えておきましょう。

 

 

台風でぐちゃぐちゃの家、片付けてもいい?

台風の影響で家がぐちゃぐちゃになってしまい、必要最低限の生活もできないほどである場合は待たずに片付けてもいいでしょう。安全面・防犯面・衛生面の問題から、必要な場合は待たなくても大丈夫です。

 

しかし、できるだけ被害状況は写真などでしっかり記録しておくようにしましょう。早急な修理が必要な場合は、見積書を入手し、保険金を請求する時までしっかり保管しておくようにしてください。

 

台風被害で火災保険を使った翌年の保険料

台風による被害を受け、火災保険を使った翌年は保険料があがると思っている人も少なくないでしょう。しかし、火災保険は自動車保険とは違い、翌年から保険料があがることはありません。(※ただし、企業の火災保険で個別割引をしている場合は、その割引が適用できなくなる可能性があり、実質値上げとなるケースはあります。)

 

火災保険は建物の構造・保険金額・補償内容を基準として保険料を算出します。そのため、自動車保険のように等級制度で決められるものとはまた異なるため、安心して大丈夫です。

 

火災保険で補償を受けられない場合

ここでは、火災保険で補償を受けられない場合について解説しましょう。要点としては以下の3点です。

 

1.被害に対応した補償に入っていない
2.設定した免責金額以下の損害
3.台風被害から3年以上が経過

 

それぞれ解説していきます。

 

1.被害に対応した補償に入っていない

当然ですが、火災保険に入っているだけでは台風被害への補償を全て受けることはできません。火災保険のみで補償されるのはあくまでも「火災・落雷・破裂・爆発」で、浸水や土砂災害に巻き込まれてしまっても補償されません。

 

幅広い補償を受けるためには、考えられるリスクに備えた補償をつけておくと安心でしょう。

 

2.設定した免責金額以下の損害

保険に免責金額を設定し、月々の支払いを抑えている人に言えることですが、免責金額として設定した金額より低い修理代金である場合は、保険金はおりません。

 

なお、フランチャイズ方式で契約している場合は、損害額が20万未満だと保険金はおりないので、その点は確認しておきましょう。

 

3.台風被害から3年以上が経過

台風による損害を受けたのが3年以上前である場合は、申請期限切れのため保険金の申請ができません。よって、保険金の受け取りは不可能です。

 

大きな災害後はできるだけ早く損害状況を確認し、保険会社へ連絡・申請するようにしましょう。

まとめ

今回は、台風被害による火災保険について解説しました。要点をまとめると以下の通り。

 

・台風による被害は火災保険で補償される
・台風で想定されるリスクに合わせた補償選びが大切
・火災保険は建物と家財に掛けられる
・台風で荒らされた家は写真で収めておく
・災害後は損害状況を確認して、早急に対応する
・台風被害で一度使った保険は、翌年に値上がりしない

 

台風被害が大きくなる近年、リスクに合わせた補償に加入しておくことが大切です。

執筆者

山下 香

夫と子供と祖母の4人家族。8年前にマイホームを購入し、あいおいニッセイ同和損保の火災保険に一括払いで加入しました。我が家は家の庭でBBQをするのが好きで、年に数回楽しんでいます。

RECOMMENDこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます