Column お役立ちコラム

皆さんにとって有益な情報を分かりやすく、詳しく、厳選してお届けします!

火災保険の知識

火災保険の申請が難しい理由と、自分でできるようになる方法について

火災保険

本記事は、火災保険の申請サポートを利用したいけれど、手数料が高いから自分で申請しようと考えている方のための記事です。ただ結論から言いますと、知識のない一個人が火災保険を申請することはできません。

そこで本記事では、火災保険申請の基礎知識をおさえながら、個人でも申請できるようになる方法について解説していきます。

申請の手数料が気になる方や、どうしても自分で申請したい方は、ぜひ最後まで目を通していただけると幸いです。

この記事でわかること

1.火災保険の補償内容について

2.火災保険で補償の対象にならないケースとは

3.火災保険を申請する際の流れと必要書類

4.火災保険の申請を一個人ができない理由

5.火災保険申請のプロになれる「火災・地震保険損害調査講習」について

【確認】火災保険の主な補償内容について

火災保険の保険金を受け取るには、まず自宅の損害が火災保険の補償内容と合っているかを確認する必要があります。

ここでは、火災保険の一般的な補償内容について簡単に解説していきます。ただし、保険会社によっては含まれていないや事項や、プラスアルファで加えられている事項もあるため、自身の保険証券を必ず読み直してください。

また、保険によっては自宅の他に家財まで対象に入っているものもあります。まずは自分の契約する火災保険が、どこまでが対象で、どんな補償内容なのかをしっかり確認しましょう。

補償内容①:火災

例)自宅からの出火で家の一部が焼失した場合

例)隣の家が火事になり、自宅にも延焼してしまった場合

補償内容②:落雷

例)雷によって、自宅や家電が壊れてしまった場合

補償内容③:破裂/爆発

例)ガス漏れに気が付かないままコンロの火をつけて爆発が起きてしまった場合

補償内容④:風災/雹災(ひょうさい)/雪災

例)強風で飛んできたものが家に直撃し、窓ガラスが割れてしまった場合

例)雪崩で自宅が倒壊した場合

補償内容⑤:水災

例)台風や暴風雨などにより発生する洪水・高潮・土砂崩れによる損害を受けた場合。

※津波での被害は地震保険で補償されます。

補償内容⑥:給排水設備事故による水濡れ

例)上の階の住人が水道管を破裂させて、室内や家財が水浸しになってしまった場合

補償内容⑦:盗難による盗取・汚損・破損

例)⾃宅に空き巣が⼊り、窓ガラスが割れて部屋のものが盗まれてしまった場合

補償内容⑧:建物外部から物体が落下・飛来・衝突

例)車が自宅に衝突し、玄関が大きく損壊してしまった場合

補償内容⑨:騒擾(そうじょう)・集団行動などに伴う暴力行為

例)立て籠もりの被害に遭い、その際、建物の破損があった場合

補償内容⑩:不測かつ突発的な破損・汚損など

例)スタッドレスタイヤを裏庭に運んでいる際に、誤って縦樋(たてどい)に接触させ縦樋が割れた場合

例)模様替えの途中にタンスを倒して破損させてしまった場合

火災保険の対象外となるケースについて

保険会社は火災保険において免責事項を設けています。以下の条件に当てはまる場合は、保険金の給付には至りません。

申請前にしっかり免責事項を理解しておきましょう。

ケース①:経年劣化の場合

損害が経年劣化によって発生している場合は補償の対象外になります。

サビや腐食も経年劣化の一種であるため、対象外です。日頃から自宅のメンテナンスを行っていくことが大切になります。

ケース②:契約者や被保険者が重大な過失・または故意に法令違反を行った場合

契約者や被保険者が重大な過失、または故意に法令違反をすることによって損害が生じた場合、これは免責事由に当たるため保険金が支払われません。

故意に法令違反についてわかりやすく説明すると、保険金目当てで自宅に放火した場合は、当たり前ですが保険金が支払われません。

一方重大な過失とは、少しでも注意を払っていれば防げるにも関わらず、漠然と見過ごした場合をいいます。つまり、ほとんど故意に近い著しい注意欠如の状態のことです。

重大な過失にあたるかの判断は、個々のケースに即して判断されます。

事例としては、サラダ油の入った鍋を火にかけたままその場を離れてしまい、結果的に火災に至ったというケースや、危険性を認知しながら寝たばこを繰り返したため火災に至ったケースが挙げられます。

ケース③:地震・噴火・津波で損害を受けた場合

地震・噴火・津波による損害は火災保険では補償対象外です。これらの補償を受けるには火災保険とセットで契約する地震保険が必要になります。

地震保険の対象となるのは地震、噴火またはこれらによる津波が原因で起きた火災・損壊・埋没・流出などの損害です。

受け取れる保険金額は、法律で火災保険の30~50%の間と設定されています。

ケース④:免責金額以下の損害である場合

契約時に免責金額の設定をした場合、発生した損害が免責金額以下の場合は保険金を受け取れません。免責金額は簡単に言えば自己負担額です。

契約時に設定した免責金額分は保険金を受け取れず、自己負担する必要があります。

火災保険を申請する際の流れ

次に、自分で火災保険を申請する際の流れについて簡単に解説していきます。申請までの流れは以下の通りです。

1.損害が発生してすぐ保険会社に連絡

2.損害部分や建物全体の調査、写真撮影

3.必要な書類を作成し、保険会社に送付する

4.保険会社が書類を審査し、保険金の受け取り可否の決定が行われる

損害の発生後はすぐに保険会社に連絡しましょう、建物と家財の状態に加え、損害が発生した理由も一緒に伝えることが重要です。

火災保険の申請時にそろえるべき書類とは

保険会社に連絡後、建物の調査はもちろん、保険会社に提出する書類を作成する必要があります。契約者側で作成する書類は以下の通りです。

書類 書類の内容
保険金請求書 名前や住所、口座名などの基本情報を記載するための書類
事故内容報告書 損害の状況や、原因などを保険会社に説明するための書類
修理における見積書 修理内容や修理に必要な費用・材料を保険会社に説明するための書類
損害箇所の写真 保険会社が保険金の支払いを決める際の資料となる

そもそも建物の調査や書類作成は自分1人では難しい

見積書は損害額を証明するものとして扱われます。そのため、個人で見積書を作成し保険会社へ送付することはできません。書類の作成は事業者が行います。

つまり、見積書の作成は事業者である修理業者や保険申請のサポート会社に依頼する必要があることから、最初から最後まで自分だけで申請することは不可能です。

さらに、報告書には損害部分の証拠写真が必須になります。写真についても、一個人が損害箇所をきちんと撮影するのは非常に難しい上、慣れない写真の撮影で屋根などから転落してしまう危険もあります。

仮にやっと写真を撮影したとしても、適切な写真が撮れていなければ努力が水の泡です。

報告書に関しても、いつどこで、どのような事故や災害にあったのか、災害事故が発生してからどのタイミングで破損が発生したのかなど、明確に分析する必要があります。

また、直近の破損に加えて過去の破損もあるとなると裏付けが難しいこともあり、地域の気象庁や消防署へ確認しなくてはなりません。

上記のような理由から、知識のない方が個人で申請をするのは不可能です。例え申請しても被災したことが適切に証明されなければ、保険金が下りないことも少なくありません。

サイビードットコムの講習なら火災保険申請のノウハウがすべて学べる

火災保険の申請は一般の方が個人で行うことはできません。しかし、サイビードットコムの「火災・地震保険損害調査講習」で専門知識を学び事業主として独立すれば、自分で自宅の火災保険申請を行うことが可能です。

それだけではなく、火災保険・地震保険申請サポートのプロとして、火災保険の申請で困っている方のサポート事業を行うこともできます。

また本講習は、独立して何か新しい事業を興したい方だけではなく、建築・建設業に携わる方の副業としても最適です。

特にリフォーム業を営んでいる方は、リフォーム業と併せて自社で申請サポートもできるようになれば、結果的に顧客の経済的負担も減るため契約の増加につながるでしょう。

少しでも本講座が気になった方は、以下のリンクから詳細を確認できます。ぜひご検討ください。

まとめ

本記事の内容をまとめると以下の通りです。

1.火災保険の補償内容は、火災だけではなく、風災や水災、盗難など多岐に渡る

2.経年劣化や地震による損害は火災保険の対象外である

3.火災保険の申請は一個人ができるものではないが、「火災・地震保険損害調査講習」で専門知識を学び事業主として独立することで、自分の申請だけではなく他に申請で困っている方のサポートもできるようになる。

火災保険の申請サポート業は、何か新しい事業で独立したい方や、建築業・建設業に携わっている方の副業としても最適です。少しでも興味のある方は、ぜひ下記のリンクから詳細をご覧ください。

執筆者

三國 鈴香(みくにすずか)

元小学校教師。ライタースクールを経て2019年からWebライターとして活動しています。

Webマーケ・ビジネス全般をはじめ、様々なジャンルに対応できます。最近は薬機法について猛勉強中。

三度の飯よりスシロー、他には現代史・ホラーゲームが好物です。

RECOMMENDこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます