Column お役立ちコラム

皆さんにとって有益な情報を分かりやすく、詳しく、厳選してお届けします!

火災保険の知識

【独立を検討している方向け】建築・建設業の方に向いている副業を紹介!

製図

建築・建設業で働きながらも、何か副業を始めて新しい収入源を作りたい方は少なくないでしょう。

そこで本記事では、建築・建設業の専門的な知識を活用できる副業を解説していきます。本記事で解説する副業は、将来的に独立を視野に入れている方にも向いているでしょう。

最後には建築・建設業界における新しい副業についてもご紹介します。ぜひ新しい収入源を検討している方は、本記事に目を通していただけたら幸いです。

この記事でわかること

1.建築・建設業界の方に向いている副業5つ

2.建築・建設業界の方が副業を探す方法

3.副業を選ぶ際の注意点

4.新しい副業の形である「火災保険申請サポート業」について

建築・建設業界の方に向いている副業

まず、建設業界、特に建築業界の方に向いている副業をそれぞれ解説していきます。今まで培ってきた建築・建設の仕事を活かせるような仕事です。

副業①:Webライター

専門知識を活かせる人気の高い副業が、インターネット上の執筆業、つまりWebライターです。

建設・建築に関する専門的な記事が執筆できるため、ライター業界における需要も高い傾向にあります。

特に、建築系の会社やリフォーム大手が運営しているメディアで記事を書ければ、自分の知識を大いに発揮することが可能です。よって、大きなやりがいも感じられるでしょう。

また、インターネットの環境さえあればどこでも仕事ができる点がメリットです。

副業②:製図図面のトレース

Webライター同様、建設業界の方に人気がある副業が、製図図面のトレースや補正の業務です。

建築士のスキルをそのまま副業に活かせます。ただ、この仕事はCADについてのスキルやトレース技能がないとできません。

しかし、トレース作業は在宅勤務で全て完結させることができ、時間の融通が利きやすいです。さらに、トレース技能を向上させることで、本業のスキルアップにもつながります。

副業③:ブログ

ブログでは、アフィリエイトサービスを利用して読者に記事内の広告をクリックしてもらったり、広告内の商品を購入してもらったりすることで収入を得ます。

よって、多くの人の目に留まるような記事をたくさん書けば、将来的には月に数十万円規模の大きな収入を得ることが可能です。

しかし、ブロガーとして大きなお金を稼ぐには年単位の時間が必要なため、すぐにお金が欲しい方には向いていません。しかも、必ず稼げるとは限らないのがブログの難しい点でもあります。

自分でWeb業界について勉強し、コツコツ試行錯誤を続けられる方であれば、まずは「Abemaブログ」や「はてなブログ」などの無料ブログサービスで挑戦してみるとよいでしょう。

副業④:住宅相談会のアドバイザー

住宅相談会のアドバイザーという副業も存在します。

住宅展覧会や住宅展示場などにおける来客の対応や、間取りの提案、リフォームの相談にのることが業務内容です。

中小の建設会社やハウスメーカー主催のイベントにおいて、建築士や建設業界に携わっている方は需要があります。実際に検索してみると単発の仕事が多くヒットするでしょう。

日当は1~2万円程度です。注意点としては、休日が丸一日潰れてしまう点にあります。また、営業や対面業務が苦手な方には向いていないでしょう。

副業⑤:予備校の講師

建築士を目指している受験生の指導やサポートをする仕事は、建設、特に建築業界の方ならではの副業です。

特に、一級建築士は非常に難しいため、講師としての需要は大きいでしょう。

人に物事を教えるのが好きな方や、かつての自分と同じような境遇の若者をサポートしてみたい方に向いています。

時給が数千円と比較的待遇が恵まれている傾向にある点もメリットです。

建築・建設業界の方が副業を探す方法

次に、建設業の方が副業を探す方法について解説していきます。

方法①:クラウドソーシングサイトを利用する

クラウドソーシングサイトとは、インターネット上で業務の委託や受注を行えるサイトのことです。

どのクラウドソーシングサイトを利用すればよいかわからないときは、以下のサイトに登録しておけば間違いありません。

・クラウドワークス

・ランサーズ

・スタジオアンビルド

クラウドソーシングサイトを利用することで、自分に合った案件や高額な案件を見つけられます。副業を始めたばかりの方にとって、非常に役に立つサイトといえるでしょう。

しかし、最初は受注者としての実績や信頼度が低いため、なかなか大きな仕事では採用してもらえない可能性があります。

まずは比較的安価な案件から受注し、徐々に実績や信頼度を向上させていくとよいでしょう。

しかし、案件の中には単価が安すぎる悪質な案件もあるため、「○○円以下は引き受けない」という自分の中の決まりを作っておくことを推奨します。

方法②:人材派遣会社を利用する

人材派遣業者を利用するのも1つの選択肢です。人材派遣会社に登録していると、様々な企業から仕事が提案されます。

ただ、自分の専門分野ではない案件やスキルと合わない案件はしっかりと断ることが必要です。

できるだけ多くの仕事から自分に合った副業を選びたい方は、いくつか派遣会社に登録しておくとよいでしょう。

方法③:講師業の場合は学校のHPから

講師業を希望する場合は、学校のホームページにて求人が掲載されているかを確認する必要があります。

一般的には4月の生徒の入学に合わせて、12〜2月頃に募集されることが多いです。時期を狙ってホームページを確認すると求人が掲載されている可能性が高いでしょう。

方法④:業界の繋がりを利用する

図面作成やトレースなどの仕事はクラウドソーシングでも受注できますが、リアルな人脈を駆使することで手数料を支払わなくて済むといったメリットがあります。

また、業務を依頼する側も受注する側も、ある程度お互いにどんな人間かを把握している点も大きなメリットです。

しかし、契約内容をうやむやにすると後から支払いに関するトラブルに発展する可能性があるため、知り合いだからといって口約束で仕事をするのはやめましょう。

建築・建設業界の方が副業を選ぶ際のポイント

次に、建設業の方が副業を選ぶ際のポイントについて解説していきます。

ポイント①:生活と時間のバランスを考える

建設業界は人手不足な傾向にあることから、そもそも普段の仕事が長時間労働になりがちです。

そのため、建設・建築の知識を活かした副業をする場合、限られた時間の中で生活とのバランスをとることが重要となってきます。

本業をこなしていく中で、どれくらい副業に割く時間があるのかを紙に書きだして考えてみるとよいでしょう。

ポイント②:自分の体力を把握しておく

建設業界に携わる方で副業を検討している方は、無駄な体力を使わないように生活することが重要です。

中でも、睡眠時間を削ってまで働くような副業は、数ヶ月で挫折してしまう可能性が高いです。よって、まずは自分の体力や健康の維持が大切になります。

副業を選ぶ際は、できるだけ納期の融通が聞き、自分のペース配分が決められる仕事を選びましょう。

ポイント③:同業種・他業種に関わらずスキルを積めるかを考える

副業を行う際は、単にお金を稼ぐことだけではなく、自分のスキルをどう生かせるのかを考えながら選ぶと有意義な副業になります。

また、副業を生かしてどのようなスキルを身に着けたいのかという点も大切です。

つまり、副業によって達成したい目的やスキルを明確にしておくと、高いモチベーションを維持しながら副業をすることができます。

また、将来的な独立を考えるのであればスキルの向上だけではなく、業界の人脈も広げておくと後々役に立つでしょう。

【新しい副業】建築・建設業界と相性の良い火災保険の申請サポート

建設業界、特に建築業界の方向けの新しい副業の形として、「火災保険の申請サポート業」という副業が存在します。

簡単に説明すると、火災保険の契約者による保険金の受け取りをサポートする仕事です。契約者が保険会社に提出する書類の作成や、書類作成に必要な建物の調査を代わりに行います。

建設に詳しい方の副業としては最適な上、スキルを高めて実績を積めば独立も視野に入れられる仕事です。

また、建設業やリフォーム業を営んでいる方が火災保険の申請サポートができると、下りた保険金を契約者がそのまま利用してくれる可能性が高いため、売り上げの向上にもつながるでしょう。

弊社サイビードットコムでは、そんな申請サポート業務を検討している方のために、「火災・地震保険損害調査講習」を行っています。

サイビードットコムでは火災保険申請の実践的な知識が体系的に学べる

まず、火災保険は火事だけではなく、様々な災害によって建物が損壊した場合にも保険金が下りる仕組みであることを覚えておきましょう。

しかし、災害で建物が損害を受け保険金を申請しても、保険会社による審査は年々厳しくなっているため、知識の乏しい業者が申請すると本来保険金が下りる損害でも、受け取れない可能性があります。

そこで正しい火災保険の知識が必要です。弊社では長年火災保険に携わっていた経験を活かし、火災保険の申請に関する知識すべてを講座内でお伝えします。

また、建設業にも関係のあるノウハウ、スキルアップのため、業界にいるなら知っておいて損はありません。保険金で修繕という流れが作れると、災害対策事業として会社としても個人としても顧客の囲い込みにつながります。

以下のリンクから「火災・地震保険損害調査講習」の詳細を確認できます。少しでも火災保険申請の業務が気になった方は、ぜひ一度ご覧ください。

まとめ

本記事の内容をまとめると以下の通りです。

1.建築・建設業界の方向けの副業は、Webライターや製図トレースなど、専門的な知識を活かせる場が多い。

2.副業の探し方は、クラウドソーシングサイトや派遣会社を利用するのが一般的。本業の人脈を上手く使って探すこともできる。

3.副業を選ぶ際は、時間・体力・将来的スキルの3つを意識する

4.将来的に独立をしたい方の新しい副業として、「火災保険申請サポート業」がある。

建築・建設業の方で副業を検討している場合は、自分の時間・体力・将来的スキルを考えた上で、自分に合った職業を選びましょう。

執筆者

三國 鈴香(みくにすずか)

元小学校教師で、ライタースクールを経て2019年からWebライターとして活動しています。

Webマーケ・ビジネス全般をはじめ、様々なジャンルに対応可能です。最近は薬機法について猛勉強中。

三度の飯よりスシローが好き。他には現代史・ホラーゲームが好物です。

RECOMMENDこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます