Column お役立ちコラム

皆さんにとって有益な情報を分かりやすく、詳しく、厳選してお届けします!

火災保険の知識

火災保険の水濡れとは?補償の必要性と事例を徹底解説!

火災保険の中にある、水濡れ補償。よく分からず必要性がないと判断している人は多いでしょう。水濡れ補償は、水災と混同して認識されることもありますが、全く別物です。今回はそんな水濡れ補償について詳しく解説していきます。

この記事でわかること

この記事でわかることは、火災保険の水濡れ補償についてです。

また、火災保険の水濡れ以外の補償も改めて紹介しています。

火災保険の水濡れ補償とは?

火災保険の水濡れとは、【給排水設備の事故、または他人の部屋で起きた水濡れで損害を受けた場合】に補償されるものです。

 

なお、給排水設備の事故とは、水道管や排水管、貯水タンクやスプリンクラーなどが該当します。これらの給排水設備がなんらかの不具合に見舞われ、水漏れが生じ、濡れたことによる損傷部分が支払いの対象となります。しかし、給排水設備の破損については補償の対象にはならないため、注意が必要です。

 

水濡れ補償の必要性

水濡れ補償の必要性に疑問を感じる方も多いでしょう。水濡れで起こる事故は、自費で負担してもそんなに費用もかからないだろうし、滅多に起きるようなことではないと考えがちです。

 

しかし、保険とは万が一の備えであるということ。自宅に水が一切通っていない家庭はないですよね。いつどんな事故が起こるか分からないので、やはり入っておくのが安心です。また、集合住宅の場合は水濡れの原因が自宅ではなく、別宅が原因となることもあります。どんな場合でも対応できるように、各自で必要な補償に入っておきましょう。

 

【火災保険】補償対象の水濡れ事例

水浸しの部屋

では、具体的に水濡れ事故はどのようなことがあるのか、補償してもらえる身近な事故について解説します。住まい別で見ていきましょう。

 

マンション編

実は、水濡れ事例が多いのはマンションなどの集合住宅。その多くの理由は、自宅が原因ではないもらい事故もあるからです。

 

例えば、水道管が破裂して水濡れが発生し、下の階にまで水漏れ被害を負わせてしまった場合、その損害にかかる費用をこちらが支払う必要があります。下の階の部屋は天井が水浸しになり、家財が壊れてしまった場合も補償しなければなりません。

 

上記のように不注意で他人に損害を与えた場合は、『個人賠償責任保険』をオプションにつけていている場合に限り補償してもらえます。火災保険の水濡れだけでは不十分と言えるでしょう。このような事態がマンションには多いため、マンションなどの集合住宅にお住まいの方は、各自備える必要があります。

 

 

一戸建て編

一戸建ての場合は、マンションほど水濡れ被害は少ないでしょう。基本的に多くの一戸建て住宅のお風呂やトイレは下の階にあることが多いため、リスクは少なくなります。

 

しかし、一戸建ての場合は水濡れ補償よりも、水災補償に入っておくのをおすすめします。なぜなら、一戸建ての場合は、所在地によっては河川の氾濫危険水域であったり、山間部の場合は土砂災害危険エリアであったりのリスクがあるからです。

 

一戸建てはマンションに比べて水害の被害に合う可能性が高いことを覚えておきましょう。

 

 

水濡れは原因から考える

上記で少し触れましたが、水濡れ補償は原因と発生する場所などの条件によって補償が変わります。場合によっては水濡れ補償をしてもらえないこともあるのです。水濡れ補償が必要な以下のパターンからみていきます。

 

  • 自宅が原因で自宅が被害
  • 自宅が原因で他人宅が被害
  • 他人宅が原因で自宅が被害

 

それぞれ詳しく解説いたしましょう。

 

自宅が原因で自宅が被害

まずは自宅が原因で水濡れ事故を起こしてしまった場合で考えていきます。

 

例えば、【洗面所の排水管がつまり水漏れが発生し、階下にまで被害を及ぼしてしまった】ケースで考えていきます。

 

持ち家の家の床であれば火災保険の水濡れで補償してもらえます。しかし、賃貸の場合は大家さんに補償しなければなりません。いわゆる賠償ということになります。賃貸は借りている家であるため、所有者である大家さんに、原状回復するまで修繕する義務があるのです。

 

自宅が原因で他人宅が被害

上記の例から説明すると、下の階への損害は「個人賠償責任保険」に入っている必要があります。個人賠償責任保険は、日常生活の中で他人に損害を与えてしまった場合に補償する保険です。

 

なお、火災保険で個人賠償責任保険に入っていなくても、他の損害保険でオプションとして付けているのであれば補償の対象となります。今一度、個人賠償責任保険に加入しているか確認しておきましょう。

 

他人宅が原因で自宅が被害

では反対に、上の階の住人の不注意で水が漏れてきてしまったケースで考えてみます。本来、被害を受けた部分に関しては上の階の人に賠償してもらえます。しかし、この賠償金というのは『時価評価額』での支払いとなるのです。

 

時価評価額となると、購入時の金額から経年したことによる消耗分を差し引いた金額になります。このように時価だと購入時より価値は下がるため、同等のものを再購入するには自己負担をしなければなりません。

 

そのため、ご自身が契約している火災保険が時価なのか、新価(※)なのかを確認しておきましょう。また、新価である場合は、受け取る賠償金額と新規購入時の差額が火災保険で補償されます。

 

(※)新価とは…当時購入したものと同等の物を購入する際に必要な価格のこと

 

 

水濡れ補償されないケース

では、火災保険の水濡れでは補償してもらえないケースについて解説いたします。ずばり、【故意的で悪質な場合と判断された場合】となるのですが、故意的に水濡れを起こす人は少ないでしょう。主に以下のケースだと補償してもらえない可能性が高まります。

 

1.窓・屋根の劣化による雨水の侵入

2.お湯を溜めていることを忘れて漏水

 

故意ではなくても、水濡れした原因が不注意(過失)だと補償してもらえないことがあります。また、給排水設備の老朽化で故障・破裂した場合も保険会社によっては補償してもらえない可能性も。

2に関して、自室への補償は水濡れではなく“不測かつ突発的な事故”への補償で対応されます。他人の家に損壊を与えてしまった場合は、個人賠償責任補償で補償の対象となるため、水濡れ補償では対応されません。

 

火災保険の水災と水濡れは違う

混同されがちな火災保険の水災と水濡れですが、両者まったく別の補償です。

 

水濡れは、給排水設備に起因する事故を補償するのに対して、水災は水による自然災害での損害・被害で補償を受けられるものです。

 

水濡れ対象の被害にあっても、水災に入っているから大丈夫ということにはなりません。それぞれよく補償内容を理解して、加入するようにしましょう。

 

ご自身で火災・地震保険の知識を学びたい方はこちら

 

火災保険は水濡れ以外にも様々な補償

書類を手に相談する2人

火災保険には水濡れ以外にも、様々な補償があります。現在では、「住まいの保険」と呼ばれるようになり、もっとも日常生活の支えとなる保険です。それぞれ起こりうるリスク別に火災保険を解説いたします。

 

火災リスクに備える補償

火災保険はその名のごとく、メインの補償は火災リスクに備えたものです。火災の他にも、落雷・破裂・爆発などにより、建物や家財が損害を受けた場合に補償を受けられます。

 

自然災害リスクに備える補償

自然災害のリスクに備える風災・ひょう災・雪災・水災。風災に関しては台風が多い日本においては入っておくと安心な補償です。ひょう災・雪災・水災に関しても、地域によっては必要な補償でしょう。

 

日常生活リスクに備える補償

日常生活に備える補償は、水濡れ・物体の落下・飛来・衝突・騒じょう・集団行動による破壊・盗難・偶然な事故による破損・汚損です。

 

火災や自然災害ほどシンプルな補償ではなく、普通に生活していくうえで起こりうる様々なリスクに対応した保険があります。火災保険を契約する際、どれが必要なのか、ライフスタイルを見つめながら検討していきましょう。

 

損害に伴う思わぬ出費も補償

火災保険では、損害に伴った思わぬ出費を補償してくれるものもあります。

 

  • 臨時費用保険金
  • 残存物取片付け費用保険金
  • 失火見舞費用保険金
  • 修理付帯費用保険金
  • 特別費用保険金
  • 損害拡大防止費用保険金

 

大きな事故が発生すれば、建物や家財の損害だけではなく、様々な諸費用が発生します。想定外の諸費用に対して補償してくれるのが上記の「費用保険金」です。これらは保険会社により、自身で追加する必要がある場合と、最初からプランに含まれている場合があります。契約時にはこれらも踏まえて検討していきましょう。

ご自身で火災・地震保険の知識を学びたい方はこちら

まとめ

今回は、火災保険の水濡れについて詳しく解説いたしました。要約すると以下の通り。

 

・火災保険の水濡れ補償は給排水設備による事故に対応

・水濡れの契約はマンションにお住まいの方が多い

・水濡れは発生原因により該当する補償が異なる

・場合によっては「個人賠償責任保険」が必要

・水濡れと水災は補償内容が全く違う

・損害の思わぬ出費にも対応できる費用保険金

 

火災保険の水濡れは日常のリスクに備えるもの。特にマンションにお住まいの方は検討してみましょう。

執筆者

山下 香

夫と子供と祖母の4人家族。8年前にマイホームを購入し、あいおいニッセイ同和損保の火災保険に一括払いで加入しました。我が家は家の庭でBBQをするのが好きで、年に数回楽しんでいます。

RECOMMENDこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます