Column お役立ちコラム

皆さんにとって有益な情報を分かりやすく、詳しく、厳選してお届けします!

自然災害

床下浸水では火災保険は使える?床上浸水との違い・受け取れる保険金は?

洪水

火災保険は火事による損害でなくても、自然災害によるさまざまな被害で使えます。台風やゲリラ豪雨などの要因で、大切な自宅に被害が及んだ際に活用できる心強い補償です。しかし、床下浸水に被災した場合、補償を受け取ることができるか気になっている人も多いのではないでしょうか。

この記事でわかること

本記事では、以下の内容について詳しく解説しています。
1.床上浸水と床下浸水の違い
2.火災保険の浸水基準
3.床上浸水であっても使える補償2点
4.保険請求したい時の流れ

上記の内容について知りたいと思う人に向けて、わかりやすく解説しました。被害にあった際に、スムーズに申請する方法もみていきましょう。参考にして、いざという時に困らないようにしてください。

床下浸水は火災保険が使えるか

洪水

自然災害が要因となって洪水の被害に合った際は、火災保険の補償が使えます。しかし適用にはさまざまな条件があり、床下浸水の場合は使えないことも多いです。

どのような状況になれば保険が使えるのか、なぜ床下浸水ではダメなのか、基準をみていきましょう。

床下浸水と床上浸水の違い

床上浸水と床下浸水の基準を解説していきます。

床上浸水とは、住居のフローリングや畳といった床より上に浸水した状況です。また、全壊・半壊には当てはまらないものの、土砂災害などで一時的に住めない状況も含みます。

床下浸水は、床上浸水に当てはまらない状態です。つまり、住居の床より下までの浸水で、住人が住める程度の被害を指します。

水の災害において保険が支払われる基準

家が浸水した場合、どの程度の損害かによって保険金が支払われる基準が設けられています。そのうちのひとつが「床上浸水」または「地盤面から45cmを超える浸水によって損害が生じた場合」です。

もうひとつの基準も見ていきましょう。それは建物や家財の保険価額に対して30%以上の損害を被った場合です。保険価額とは、被災した建物や家財などを新しく建築・調達する際の金額です。

床下浸水は居住空間までは水が入り込まないため、保険価額の30%以上の被害にはなりにくく、補償の基準以下になるケースが多いです。

ただし、保険会社によっては基準に満たなくても、何割かの保険金が支払われるケースもあります。近年では、保険会社のプランが見直されている場合も見受けられます。補償内容が改訂されていないか、保険会社の公式ホームページにて定期的に確認しておくと良いでしょう。

浸水した状況

床下浸水に見舞われる状況はさまざまです。台風によって大雨が降る・ゲリラ豪雨で局地的な大雨になる・雪解け水によって河川が氾濫するなどあるでしょう。原因が自然災害であり、上の項目で解説した基準をクリアしていれば保険金が受け取れます。

床下浸水に使える補償

洪水

床下浸水では火災保険が使えないと解説したものの、補償がまったくないわけではありません。「浸水のせいで庭を片付けなくてはいけなくなった」「高価な設備が故障した」などの場合に受け取れる保険金があるため、特約として付加するか考えてみると良いでしょう。

残存物取片付け費用保険金

床下浸水であっても「残存物取片付け費用保険金」が受け取れる場合があります。損害保険金は、損害を受けた家屋や家財に対して補償される保険金です。残存物取片付け費用保険金は、損害を受けた家屋や家財の残存物を片付けるための費用として支払われます。片付けとは、建物の取り壊し・清掃・搬出などの費用を指します。

しかし、浸水による損害の場合、残存物取片付け費用保険金が支払われないケースも多いです。契約を確認しておきましょう。

特定設備水災補償特約

建物に付加・もしくは敷地内に固定されている高価な設備に対し、補償を付けることも可能です。高価な設備とは以下のものを指します。

 

  • 空調・冷暖房設備
  • 充電器・発電機・蓄電装置など
  • 給湯設備
  • 上記に付属する配線・配管・ダクトなど

 

床下浸水であっても、上記の設備が故障してしまった場合に50~150万円の保険金を受け取れる保険会社もあります。床下浸水のおそれがある土地に住む場合は、注目しておきたい特約です。なお、自動車が損害を受けた場合は自動車保険の車両保険での扱いとなります。

床下浸水の被害に合ってしまった時の流れ

洪水

万が一床下浸水の被害に合った場合、どうせ保険は使えないからとあきらめてはいけません。一見被害は少なくても、後々に「外壁内の材質が傷んでいた」「地盤面から正しく測ったら45cm以上だった」など、支払い基準に到達する可能性があるからです。

床下浸水の被害に合ってしまった時に正しい行動をすることで、保険金が受け取れる可能性もアップします。詳しい流れを以下でみていきましょう。

契約内容の確認

浸水に対する補償があるか、支払い基準はどうなっているかなどを確認しましょう。わからないことがあれば、直接保険会社に尋ねてみてください。

写真を撮る

床下浸水の状況を、写真におさめておきましょう。写真があることで、被災当時の状況を正確に知ることができます。のちに罹災証明を取得したり、保険会社に送ったりなどで使用できます。

撮影の際は、家を4方向から撮影し、被災している家の中や設備も写真に残しておきましょう。

家屋調査会社に依頼する

床下浸水の場合、自身の判断では保険金が受け取れるかわからない人も多いでしょう。その場合は、家屋調査会社に依頼してみましょう。家屋調査会社では、さまざまな現地調査を行います。プロの目によって調査するため、あいまいな部分の明確化が可能です。

また、家屋調査・施工店紹介・保険診断など、サポートは調査だけではありません。家の修繕をどこに依頼したら良いかわからない人や、保険金がどれくらい受け取れるかを診断してくれます。

「地盤面から正しく測れない」「保険会社へ送る書類が分からない」といったお悩みがある人は、利用してみましょう。

現地調査

家屋調査会社の現地調査では、写真撮影・ドローン調査などをおこないます。自分では確認できない場所の被害や、気が付かなかったような損害プロの目で見極められるため、諦めていた保険金が受け取れる可能性が増すでしょう。

なお、調査は立ち合いです。また、被害状況によっては室内の調査も行います。

保険会社へ連絡

調査を行い、保険金請求ができる場合は保険会社へ申請します。その際、調査報告書や修繕費用の見積もりを提出しなくてはなりません。調査報告書や見積もりは、家屋調査会社にて作成します。

保険会社や施工業者とのやりとりは難しい・時間がないと感じている場合、家屋調査会社の利用がおすすめです。書類の準備や保険会社とのやりとりをしてくれます。

保険金の受け取り

保険会社の鑑定立会・審査を通過したら、保険金の受け取りになります。保険金は、家屋調査会社が保険会社に調査報告書などを送付してから2週間~1か月で受け取れることが多いです。

もっとも、保険会社の状況によってはそれ以上時間がかかるケースもあります。特に水害は被害規模が大きくなりやすいため、保険金の受け取りに1か月以上かかる可能性があると、念頭に入れておきましょう。

保険金が入金されたのち、修繕作業がおこなわれます。

まとめ

本記事で解説した、床下浸水の被害に合った際の火災保険について以下にまとめました。
1.床下浸水では、火災保険が適用されないケースが多い
2.片付けや高価な設備に対し保険金を受け取れる可能性がある
3.被害があいまいな場合は家屋調査会社へ依頼すると良い
上記の点を知っておくことで、いざという時に慌てずに対処できるでしょう。本記事を参考に、床下浸水の被害に遭ってしまった際は家屋調査会社に相談してみてください。

執筆したライター

花梨プロフィール

花梨

FP3級所持。Webライターとして金融・不動産・婚活・美容など手広く執筆しています。また、自身のメディアも運営。わかりやすく、役に立つ記事制作を心がけています。

RECOMMENDこの記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます